この記事では、佐々木朗希投手のドラフトに関する情報をお伝え致します。

2019年ドラフト会議の注目選手と言えば、佐々木朗希投手でしたね!

競合の結果、千葉ロッテが見事に引き当てました。

懐かしむ意味で、当時のドラフトの様相を振り返ってみましょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・ドラフト前から一位指名を公言していたチームも

・スカウト陣の評価はどうだったのか?

・本人の気持ちはどうだった?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

ドラフトで佐々木朗希・一位指名を公言していた球団は?

2019年のドラフト会議は、多くの球団が佐々木朗希投手獲得に手をあげましたね。

しかし競合を懸念して、あえて他の選手獲得に乗り出す球団もあるでしょうね。

そういった駆け引きも、ドラフト会議の醍醐味であると言えます。

 

そんな中、『佐々木朗希投手をドラフト会議で一位指名する』と公言していた球団があります。

それは北海道日本ハムファイターズ!

日ハムのドラフト会議の方針は『その年で一番良い選手を一位指名する』というものであり、競合がどうのといった事情はお構い無しに一位指名します。

 

過去のドラフト会議を振り返っても、『ジャイアンツ一筋』を公言していた菅野智之投手や、『メジャー志望』の大谷翔平選手等も強行指名しています。

こういった熱い思いが実り、これまでその年のスター選手を引き当てていますよね。

ダルビッシュ有投手、斎藤佑樹投手、中田翔選手、清宮幸太郎選手・・・本当に注目株ばかり引き当てているイメージがあります。

最終的に一位指名したのは、千葉ロッテ、西武ライオンズ、日本ハム、楽天イーグルスの4球団でした。

 

続きまして、佐々木朗希投手に対するスカウト陣の評価はどうだったのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラフトの肝!佐々木朗希のスカウト評価


セリーグ各球団のスカウトが、佐々木朗希投手に下した評価は以下の通りです。

・広島カープ→『球速がまだ伸びそう、当然ドラフト一位候補』

・東京ヤクルト→『プロの打者でも、彼が本気で投げた直球を打つのは難しいのでは』

・読売ジャイアンツ→『大谷翔平や田中将大をも凌ぐ逸材かも、一位指名でなければ獲得できないだろう』

・横浜DeNA→プロの世界でも通用すると思う。

・中日ドラゴンズ→『伸びしろもあり、ドラフト候補の中でナンバーワン』

・阪神タイガース→『大谷翔平や藤浪晋太郎クラスのスケールの大きさ』

 

では、パリーグ球団はどうでしょうか?

・西武ライオンズ→『ポテンシャルは松坂大輔よりも上』

・福岡ソフトバンク→『すぐにでも一軍で投げさせたい』

・日本ハム→『一位指名します、間違いなく』

・オリックス→『高校生四天王(佐々木朗希、奥川恭伸、西純矢、及川雅貴)の一人になるのでは』

・千葉ロッテ→『モノが違う、一位指名するとは言えないが、ドラフト一位指名される選手』

・楽天イーグルス→『自分が見た中では、過去最高の投手だと思う』

 

両リーグのスカウト陣は、佐々木朗希投手に対して軒並み最高級の評価をしていますね。

 

と、話はここで終わりません。

佐々木朗希投手に熱視線を送っているのは、日本国内に留まらず、何とメジャーリーグにまで及んでいました。

 

メジャーのスカウト陣達の佐々木朗希投手に対する評価をご覧ください。

・ツインズ→『160kmオーバーを投げる高校生はアメリカでも滅多にいない、モノが違う』

・ロイヤルズ→『まだ発展途上の体で、力まずに160km近く投げるなんて信じられない』

・ダイヤモンドバックス→『噂通りの凄い投手だ!』

・フィリーズ→『アメリカのドラフトでも1位に入る可能性もある』

 

ベースボールの本場であるアメリカのスカウトから見ても、佐々木朗希投手の評価はとんでもなく高いようですね!

同じ日本人として、なんだか誇らしく思えてきます!(^^)!

スポンサーリンク