今回は、佐々木朗希投手の読み方や、名前の由来についてお伝え致します。

佐々木朗希…佐々木(ささき)は読めても朗希って読み方が(?)ってなりますよね?

珍しい名前ですが、名前の由来を知るとビックリされると思います・・・。

 

この記事をお読み頂くことで、

・「佐々木朗希」の読み方、また名前の由来等

・兄と弟も特徴的な名前だこと!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

佐々木朗希の読み方は?

『朗希』と、なんとも珍しいお名前だこと!と感じる人が多いと思います。

読み方について悩みそうですが、その読み方はそのままで正解です。

『佐々木朗希(ささき ろうき)』という読み方になります。

彼と被る名前の人は、全国探してもそうはいないでしょうね。

それくらい珍しい名前の読み方だと思います。

スポンサーリンク

読み方はともかく、佐々木朗希の名前の由来は?

佐々木朗希(ささきろうき)とは、珍しい読み方でしたね。

読み方がわかったところで次に気になるのは、その名前の由来ではないでしょうか?

これについては以前、佐々木朗希投手の母親である陽子さんが、取材を受けた際に答えていたようです。

名前の由来はなんと、『百獣戦隊ガオレンジャー』に出ていたキャラクターでした。

 

百獣戦隊ガオレンジャーとは、2001年~2002年まで放送されていた、戦隊もののテレビ番組です。

日曜の朝に戦隊ものの番組が放送されていますが、百獣戦隊ガオレンジャーもその内の一つでした。

番組内に出てきた「狼鬼(ロウキ)」というキャラクターと同じ読み方で、漢字は『朗希』に変えて名前にしたということですね。

上の画像のキャラクターこそ、佐々木朗希投手の名前の由来となった『狼鬼』です。

ご両親はキャラクターのままの漢字だと、『狼』『鬼』とさすがに野蛮すぎると感じたのでしょうか?

個人的にも、漢字を変えたのは正解だと思います(;´∀`)

 

ちなみに『狼鬼』というキャラクターですが、第14話から登場し、ストーリー上で欠かせない重要な役割でした。

登場した当初は『こいつ悪役だろ!』と思わせておきながら、実は『正義の味方でしたー!』という感じになるという、間違いなく人気の出てくるキャラクターだったようです。

※細かい設定の説明は、等ブログの趣旨とは異なる為省略させていただきます!

佐々木朗希投手の兄・琉希さんは百獣戦隊ガオレンジャーが大好きで、また狼鬼がお気に入りのキャラクターでした。

お兄さんが『狼鬼』を大変気に入っていたことも要因の一つとなり、弟の名前を読み方は『ロウキ』とし、感じは『朗希』に決めたということです。

 

『百獣戦隊ガオレンジャー』で重要な位置付けなだけに、その外見は非常にインパクトのあるキャラクターですよね。

正直言って、ちょっと恐ろしいと感じてしまう見た目かと((( ;゚Д゚)))

そんなキャラクターと同じ読み方の名前を付けるとは、お父さんもお母さんも思いきった方だと思いました。

しかし時を経て、バッターに恐怖を感じされるほどの『怪物ピッチャー』へと成長したのですから、ご両親の願いは叶った…と言えるのかもしれませんね(^-^)

スポンサーリンク