この記事では、佐々木朗希投手の身長や体重等についてお伝えしています。

あの大谷翔平選手に匹敵する剛腕の持ち主である佐々木朗希投手ですが、それだけに立派な体格(身長や体重等)の持ち主です。

詳しく調査しましたので、比較データも交えてご覧いただきたいと思います。

 

この記事をお読み頂くことで、

・規格外!なプロフィール等

・あのスーパースターとの不思議な共通点

・佐々木朗希投手の体格は抜群に野球向き!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

佐々木朗希の身長や体重等プロフィール

大谷翔平選手に匹敵する逸材とまで評価されている佐々木朗希投手。

まずはダイヤモンドの原石とも言える、超一級品のプロフィールをご覧ください。

佐々木朗希プロフィール

名前:佐々木朗希(ささき ろうき)

生年月日:2001年11月3日

身長:190cm

体重:86kg

ポジション:ピッチャー

高校:大船渡(岩手県)

 

身長190cmオーバーという、大変素晴らしい恵まれた体格の持ち主ですね。

身長の高さからか、若干細身に見えますが体重は86kgもあります。

 

佐々木朗希投手が注目を集めている要因は、何と言っても球速であり、高校3年生の時点で最高球速163㎞を記録しています。

大谷翔平選手が高校3年生の頃はマックス161㎞だったのですが、それを凌駕する球速の持ち主なのです!

大谷翔平選手の活躍ぶりは、野球ファンでなくともニュース等でご存知でしょう。

そんな大谷翔平選手と同等の素材だと評価されている高校生がいる・・・考えただけでもワクワクしませんか!?

スポンサーリンク

佐々木朗希と大谷翔平の不思議な共通点

佐々木朗希投手と大谷翔平選手には、不思議な共通点があります。

出身地が同じ岩手県であることは単なる偶然かもしれませんが、両者共に高校3年の夏・最後の甲子園大会出場を逃しています。

大谷翔平・最後の夏

3年最後の夏、岩手県大会決勝。

名門・花巻東高校のエースとして大谷翔平選手は出場したものの、対戦相手の盛岡大付属に攻略されてしまい、8回と2/3で5失点を喫してしまいました。

県内の公式戦でホームランを打たれたのも、同試合が初めて。

本当にあと一歩で甲子園大会出場を逃してしまいました。

「先に点を取られて。まだまだこの仲間とやりたかった」

大谷翔平選手は、悔し涙を流しながら答えていました。

本人のみならず、当時の高校野球ファンにとって、大谷翔平選手が甲子園出場を逃したのは本当に残念だったと思います(私のその一人でした)。

しかし今思えば、当時の悔しさがあったからこそ、その悔しさをバネに大谷翔平選手は大きく飛躍したのかもしれません。

また、甲子園大会は登板間隔が短く、ピッチャーにとっては特に負担の大きい大会でもある為、身体を壊していた可能性も否定はできません。

そんなことを言うと、この人に『喝!』を入れられそうですがwww

 

以上の理由から、長い目で見れば寧ろ悪いことばかりではなかったと思います。

佐々木朗希・最後の夏

佐々木朗希投手も同じく、3年最後の夏は岩手県大会決勝まで駒を進めました。

夢の舞台まであと一歩…佐々木朗希投手は『勝って必ず甲子園に行くんだ!』と息巻いていたと思います。

…しかし、大船渡の監督、国保陽平さんは世間を驚かせる采配をしました。

 

佐々木朗希投手、登板回避。

 

これにより対戦相手に12失点を喫し、敗退してしまいました。

あくまで結果論になりますが、佐々木朗希投手が登板していたら…。

国保陽平監督の采配には、賛否両論が飛び交っていましたね。

『英断』と称える意見もありましたが、『佐々木朗希以外の選手の夢を犠牲にするのか』という意見も。

対戦相手のチームが甲子園出場を果たし、グラウンドで大喜びしている姿を呆然と見る佐々木朗希投手の姿…私は忘れることはできません。

奇しくも、対戦相手は大谷翔平選手の出身校・花巻東高校でした。

このことには運命を感じずにはいられません。

 

佐々木朗希投手の場合は状況に違いがあるものの、やはり甲子園に出場して欲しかった!

誠に…誠に残念ですが、気持ちを切り替えて次の舞台での活躍を目指してほしいですね。

なお決勝を戦う前にですが、佐々木朗希投手について、大谷翔平選手は以下の様にコメントしています。

 

『高校で勝った、負けたで終わる選手ではないと思う』

 

佐々木朗希投手としては、思うところは沢山ある筈。

しかし今回の悔しさ、そして偉大な先輩の言葉を糧に、大きく成長して欲しいと思います。

スポンサーリンク