この記事では、奥川恭伸投手と山瀬慎之助選手のバッテリーについてお伝えしています。

奥川恭伸投手と山瀬慎之助選手、このバッテリーコンビは2019年夏の甲子園大会で大きな注目を集めました。

決勝戦では惜しくも敗れてしまったものの、準優勝という結果は本当に素晴らしかったですね!

そんな二人にまつわるエピソードについて見てみましょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・甲子園を熱くした『星稜高校バッテリー』のプロフィール

・二人の出会いのきっかけは…?

・山瀬の存在無くして、甲子園準優勝はなかった!?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

奥川恭伸&山瀬慎之助のプロフィール

・名前:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)

・生年月日:2001年4月16日

・身長:183㎝

・体重:84㎏

・ポジション:ピッチャー

 

・名前:山瀬慎之助(やませ しんのすけ)

・生年月日:2001年5月4日

・身長:176㎝

・体重:82㎏

・ポジション:キャッチャー

スポンサーリンク

奥川恭伸&山瀬慎之助のバッテリー誕生エピソード

奥川恭伸と山瀬慎之助の出会い

甲子園に出場するような強豪校の場合、各地から有力選手をスカウトしてくるケースが多いようですが、奥川恭伸投手と山瀬慎之助選手は違いました。

実はこの二人、小学校からずっと同じ『幼馴染み』で、二人の出会いは小学校1年生、同じクラスになった時でした。

小学1年生ということは、6歳・・・まだ若い二人ですが、付き合いは10年以上ということになりますね。

後に甲子園に出場する最強バッテリーとなる奥川恭伸投手と山瀬慎之助選手ですが、お互いどのような印象だったのか?気になりますよね!

以前インタビューされたことがあり、以下のように答えていました。

 

奥川恭伸投手『1年生の時は覚えていないが、2年生の時に面白い人だったという記憶があるような?』

山瀬慎之助選手『ガキ大将だった!先生に反抗するように言い返したり…今とは真逆』

 

二人の印象を聞く限りでは、奥川恭伸投手はクラスのリーダー的存在、逆に山瀬慎之助選手は控えめなタイプだったと言えるのかもしれません。

・・・それにしても、爽やかな笑顔が印象的な奥川恭伸投手が、昔はガキ大将だったとは…人の過去って分からないものですよね笑

小学1、2年生の頃は同じクラスとはいえ、特に仲良しという訳ではなかったようですが、小学3年生に上がった時に地元の少年野球チーム『宇ノ木ブルーサンダー』に入部したことが切っ掛けとなり仲が深まりました。

ただ単にチームメイトとしての付き合いではなく、山瀬慎之助選手のお家で一緒にゲームをしたりする程の仲良しっぷりだったとか。

子供同士の付き合いとはいえ、余程仲良しでなければお家に招待したりはしませんよね?

野球を始めたことで、二人は親友になったんですね(^-^)

 

野球少年の二人ですから、当然野球ゲーム(パワプロとか?)をやっていたことでしょう。

対戦しながらも『プロ野球選手になって、いつか自分もゲームに出るようになる!』という野望を燃やしたりもしていたのではないかと思います。

だったとしたら、その野望は現実となりそうですね!

奥川恭伸&山瀬慎之助の最強バッテリー誕生経緯

甲子園での活躍ぶりを見ていると、『奥川恭伸という選手はピッチャーをやるために生まれてきたのでは!?』と思わせるくらい(私だけ?)のレベルです!

しかし以外にも、奥川恭伸投手はピッチャーでなくキャッチャーをやりたかったのだそうです。

その理由は、親友である山瀬慎之助選手が試合で活躍する姿を見て、『自分のキャッチャーをやりたい』という憧れを抱いたから。

しかし山瀬慎之助選手がキャッチャーをやっていたのは、肩の強さを評価されてのことでした。

実際、山瀬慎之助選手は盗塁する走者を刺しまくっていたそうです。

 

当時そんな存在感を示す山瀬慎之助選手のポジションを奪うことは、例え奥川恭伸投手であっても難しかったでしょうね。

ガキ大将を遠慮させる程、山瀬慎之助選手はキャッチャーが板に付いていたのだと思います。

憧れのキャッチャーというポジションを諦め、奥川恭伸君はピッチャーとなります。

・・・つまり、チーム事情で後の甲子園ナンバーワン投手・奥川恭伸が誕生し、更には最強バッテリー結成に至った訳ですね。

それにしても、こんなケースで甲子園ナンバーワン投手が誕生するなんて、非常に珍しいことだと思います。

 

奥川恭伸&山瀬慎之助の最強バッテリーは、小学校を卒業後も仲良く地元の宇ノ気中学校に進学し、同校の軟式野球部に入部しました。

ここでも親友二人は互いに切磋琢磨し、3年生時に全国制覇を達成しました!

スポンサーリンク