この記事では、奥川恭伸投手の出身地や出身中学、そして身長等のwiki的情報についてお伝えしています。

2019年の夏、奥川恭伸投手は日本で一番の注目を集めた高校生だった…と言っても過言ではないと思います。

そんな彼の情報を深堀すべく、身長等のwiki的情報~出身地、出身中学校を見ていきましょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・奥川恭伸投手のプロフィール等

・出身地や、出身中学での凄いエピソード!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

奥川恭伸投手・身長等のwiki的情報

まずは奥川恭伸投手の基本情報をwikiっぽくまとめてみましたので、ご覧いただきたいと思います。

・名前:奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)

・生年月日:2001年4月16日

・身長:183㎝

・体重:84㎏

・高校:星稜高等学校

身長182㎝、体重78㎏の体格から放たれる力強い投球を武器に、2019年夏の甲子園大会で躍動した奥川恭伸投手。

前年の2018年の夏大会に大活躍し、その後日ハムにドラフト一位で入団した吉田輝星投手とは、また違った『甲子園が生んだスター』ですよね。

では続きまして、奥川恭伸投手の出身地についてご覧ください。

スポンサーリンク

奥川恭伸投手の出身地は?

奥川恭伸投手投手の出身地は石川県かほく市というところで、地元の宇ノ気小学校に通っていました。

奥川恭伸投手が野球を始めたのは小学校3年生の時で、宇ノ気ブルーサンダーというチームに入りました。

宇ノ木ブルーサンダーで、後に中学、高校とバッテリーを組むことになる山瀬慎之助選手と出会うことになります。

幼かった二人が初めて顔を会わせたとき、数年後に甲子園の頂点で共に戦うことになるなんて想像できたでしょうか?

まさに運命的な出会いだったと言えますよね。

 

奥川恭伸投手の能力は小学生の頃から高く、投手でありながら打者としてもチームの中心的存在でした。

最上級生となった6年生の頃には、チームのキャプテンに就任。

チームを優勝に導くなどの活躍を見せました。

スポンサーリンク