この記事では、長嶋一茂さんの弟である長島正興さんについてお伝えしています。

現在、タレントとして活躍している長嶋一茂さんですが、父親が長嶋茂雄さん、妹が長島三奈さんというように、まさに有名人一家です。

そんな長嶋一茂さんには長島正興さんという弟がいて、ある分野で実績を残していました。

 

この記事をお読み頂くことで、

・長嶋一茂さんの弟・長島正興さんとは一体何者?

・以前はある分野のプロ選手として活躍していた!

・引退後、真逆ともいえる分野に!?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

長嶋一茂の弟・長島正興とはどんな人?

長嶋一茂さんの父親は、「ミスタープロ野球」と呼ばれた長嶋茂雄さんであり、妹の長島三奈さんもスポーツキャスターとして「熱闘甲子園」などの番組に出演していました。

また、長嶋一茂さんの母親である長嶋亜希子さんは、1964年の東京オリンピックにてコンパニオンを務め、海外に多くの友人を持つなど、非常に国際的な方でした。

まさに、長嶋一茂さんの一家は有名人一家といえます。

 

有名人の多い長嶋家ですが、実はもう一人有名人がいます。

それは長嶋家の次男であり、長嶋一茂さんの弟でもある長島正興さん

上の画像の方が長島正興さんです。

父、そして兄譲りの男前ですね!

長嶋一茂さんが生まれたのは1966年1月26日であり、長島正興さんが生まれたのは1970年9月26日なので、5学年差の兄弟ということになります。

また、その兄弟の中では長島三奈さんよりも下であり、末っ子でした。

スポンサーリンク

長嶋一茂の弟、長島正興は以前プロの…!?


まずは、長嶋一茂さんの弟である長島正興さんの以前の職業についてお伝えします。

長島正興さんですが、元レーシングドライバーだったようです。

長島正興さんは、大学在学中であった1992年から、2008年頃に事実上引退するまで、長期間にわたりレーシングドライバーとして活躍していました。

具体的には、「ホンダ・シビックワンメイクレース」や「フォーミュラ・トヨタ」、「全日本F3選手権」、「全日本GT選手権」などに参戦し、優勝や入賞を数多く果たしてきた実績の持ち主です。

特に、1997年には「全日本GT選手権」に参戦し、GT300のクラスにて3位という年間順位を残しています。

中でも、仙台ハイランドにて開催された大会では、優勝を果たしました。

 

その後、1999年から2000年にかけて渡米し、「フォーミュラ・アトランティックシリーズ」に参戦。

このシリーズは、フォーミュラカーを使用したレースでは北米最高峰となる「インディカー・シリーズ」への登竜門となるシリーズでした。

結果的に、「インディカー・シリーズ」に参戦することはありませんでしたが、2001年に帰国した後、鈴鹿サーキットにて開催された「全日本GT選手権」の大会にて、再び優勝を飾る活躍を見せます。

 

さらに、2003年には「スーパー耐久クラス3シリーズ」にてチャンピオンに輝きました。

スーパー耐久とは、市販の四輪車を改造したマシンにより行われるレースであり、性能に制限がある点や、ピットストップでの人数に規定がある点など、「全日本GT選手権」とはことなるジャンルのシリーズといえます。

 

また、同じ2003年にはアメリカの名門レースである「バイクスピーク・インターナショナル・オートヒルクライム」に参戦しており、様々なジャンルに挑戦していました。

その後も、2006年に「全日本GT選手権」、2008年に「スーパー耐久クラス1シリーズ」に参戦するなど、活動を続けていました。

 

以上のように、長島正興さんはレーシングドライバーとして数々の実績を残してきました。

その中でも、複数回の優勝や安定した成績を残すなど、その活躍は一定の評価を受けているようです。

スポンサーリンク