この記事では、清宮幸太郎選手の怪我に関する情報をお伝えしています。

野球選手のみならず、アスリートにとって怪我は付き物。

清宮幸太郎選手も例外ではありません・・・が、怪我について気掛かりなことがあります。

この記事をお読み頂くことで、

・これまでの怪我等による戦線離脱

・「清宮幸太郎=怪我」のイメージが…?

・「あの名選手」も同じ故障をしていた

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

清宮幸太郎、怪我による離脱の過去

怪我よりも痛い?清宮幸太郎の開幕スタメンが・・・。

プロ入り二年目となった2019年、開幕スタメン候補だった清宮幸太郎にアクシデントが起こってしまいました。

横浜DeNAベイスターズとのオープン戦で骨折・・・。

手首と小指の付け根の間にある有鈎骨(ゆうこうこつ)をボキッとやってしまったようです。

その二日後に手術を無事終えたものの、全治3か月程度と診断されてしまい、開幕スタメンを逃してしまう事態となってしまいました。

このニュースを聞いた多くのプロ野球ファンは、落胆し大きなため息をついたことでしょう(私もその内の一人でした)。

 

因みに今回の怪我は、程度によっては手術をせずにギプスで固定する場合もあるそうですが、一般的には折れてしまった箇所の骨を取り除くことが多いそうです。

清宮幸太郎選手も後者を選んだようですね。

怪我の処置を早々におこなった為問題は無いようですが、もし無理して放置していたとしたら悪化していたでしょうね。

清宮幸太郎選手、そして球団にとっては勇気ある決断だったと思います。

怪我…ではないが、清宮幸太郎はルーキーイヤーにも

怪我とは違うのですが、プロ入り一年目の2018年にも清宮幸太郎選手は一軍を離脱したことがあります。

離脱の原因は不調ではなく、限局性腹膜炎でした(病気の説明は以下の通りです)。

お腹の中にある臓器の炎症が、腹部の内臓を覆う腹膜にまで広がった状態を言います。炎症が一部に止まっている初期の状態を「限局性腹膜炎」、お腹の中全体に広がった状態を「汎発性(はんぱつせい)腹膜炎」と言います。

一年目は病気で、そして二年目は怪我でチームを離脱した経験がありました。

厳しいプロ野球の世界で戦いを続けていると、やはり消耗が激しく病気や怪我をしやすくなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

清宮幸太郎は怪我しやすい?

https://twitter.com/fighters_goods1/status/1217035808042958848
清宮幸太郎選手について、『体は決して強いとは言えない』という意見もあります。

そのような意見が上がる要因は、前述したプロ入り後の怪我や病気だけではありません。

実は清宮幸太郎選手、プロ入り前から怪我等による原因でチームを離脱した経験がありました。

原因は、右肘の炎症、右手親指の骨挫傷、腰の怪我など。

これらの怪我を教訓に人一倍体のケアを行ってはいるそうですが、激しいスポーツだからでしょう、完全には怪我を防ぐことはできていないようですね。

 

以前野球評論家の方がテレビ出演時に、このようなコメントをしていました。

プロ野球選手にとって、怪我をしないということも重要な才能の一つ。

怪我でチームを離脱してしまうと、どうしても安定した成績を残すことはできません。

イチローさんや松井秀喜さんは現役時代、時にアクシデントに見舞われならがらも試合に出続け、安定した成績を残していました。

清宮幸太郎選手も今以上に身体をケアし、名選手へと成長して欲しいものです。

スポンサーリンク