長嶋一茂、インスタ映えに異論→ネットで称賛の嵐!

この記事では、長嶋一茂さんのインスタ映えに関する発言と、長嶋一茂さんのインスタグラムについてお伝えしています。

現在、タレントとして報道番組のコメンテーターを務めている長嶋一茂さん。

そんな長嶋一茂さんですが、「羽鳥慎一モーニングショー」にて、インスタ映えに関して異論を唱えていたようです。

 

この記事をお読み頂くことで、

・テレビで『インスタ映え』に物申した内容とは?

・それに対するTwitterの反応は?

・長嶋一茂のインスタを見てみると…?

 

等について知ることができます。

[char no=3 char=”野球犬”]ぜひ最後までお付き合い下さい![/char]

スポンサーリンク

長嶋一茂が『インスタ映え』に異論を!?

現在、タレントとして活躍している、元プロ野球選手の長嶋一茂さん。

ハワイに年間100日以上滞在していることや、プロ野球の引退後に始めた極真空手で国際親善試合に出場するなど、様々なジャンルで活躍を続けています。

そんな長嶋一茂さんはタレントの仕事として、テレビ朝日系列のワイドショー・情報番組である「羽鳥慎一モーニングショー」にてコメンテーターとして出演しています。

あるとき、この「羽鳥慎一モーニングショー」にて、インスタ映えに関する報道がなされました。

 

その報道とは、行楽地にてインスタグラムのようなSNSに写真を投稿し、トラブルになることがあるという内容でした。

特に、行楽地にて立ち入り禁止の場所に入り込み、そこで写真を投稿することで、トラブルに陥ってしまうということがあるようです。

ここで、このような報道に対し、長嶋一茂さんはコメンテーターとして、インスタ映えそのものに対して異論を唱えました。

「友達は少なくていい」「好感度なんて上げてもいいことない」

この背景には、報道にて、インスタグラムのようなSNSにハマる理由として、「友達からいいね!をもらいたい」「好感度を上げたい」といったことが挙げられたことがあると考えられます。

 

この発言は、まさに報道番組のコメンテーターらしい意見であり、非常に鋭い発言のように思えます。

しかし、このような発言に対し、批判は起きなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

長嶋一茂の『インスタ切り』に、Twitterの反応は

今までお伝えしたように、長嶋一茂さんは「羽鳥慎一モーニングショー」にて、インスタ映えに対し、「友達は少なくていい」「好感度なんて上げてもいいことない」といった発言を残していました。

この発言は非常に鋭い発言だと思いますが、様々な議論を呼びそうな内容だと思います。

ここでは、これに対するTwitterの反応について調べ、以下のようなものが見つかりました。

「長嶋一茂氏の『友達は少なくていい』『好感度なんて上げてもいいことない』に共感。好感度を最大の売りにしてしまうと他人の期待を裏切らないように生きていかねばならず、結果他人のために人生を生きることになる。」

「長嶋一茂今日モーニングショーでキレてたな。インスタ映えのことであそこまで熱く反論できる一茂になんか好感持てたわ。」

以上の反応から分かるように、長嶋一茂さんの発言に肯定的な意見がよく見られます。

そのうえ、この発言により、コメンテーターとしての好感度も上がっているようです。

 

以上のことから、長嶋一茂さんのインスタ映えに関する発言は、ただ批判されるということはなく、逆に称賛されたということが分かります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました