この記事では、奥川恭伸投手の性格に関する情報をお伝えしています。

2019年夏の甲子園大会で圧倒的な存在感を示した奥川恭伸投手ですが、どんな性格をしているのか?気になるところではないでしょうか?

将来のスター候補の中身について見てみましょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・奥川恭伸投手、めっちゃ性格いい人!

・監督も褒め称える程の素晴らしい人物

・SNSでも軒並み好印象♪

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

奥川恭伸投手の性格が素晴らしく良い子

見出しのとおり、奥川恭伸投手の性格について調査してみたところ、彼の性格は素晴らしい!と感じました。

その理由についてご覧いただきましょう。

 

奥川恭伸投手の活躍する姿を見て『笑顔でプレーしている』と多くの人が感じているかと思います。

日本中が注目する大舞台でピッチャーという重責を担うのですから、そのプレッシャーは尋常ではない筈です。

であるにも関わらず、楽しそうで爽やかな笑顔を見せるのには理由があります。

これは奥川恭伸投手自身がこのようにコメントしていました。

『自分が笑顔でいれば、仲間が安心できるし、お客さんやその他の人を味方にできる』

視野が広く、気遣いができる性格でなければ、このような素晴らしい考えはできないでしょう!

また、仲間だけでなくお客さんやその他の人にまで意識が届いている・・・並みの10代の若者が同じ真似をできるとは到底思えません。

決勝で履正社に惜しくも敗れた試合も、最後まで『笑顔』で頑張っていました。

 

いやそれどころが、大の大人であっても、奥川恭伸投手のような性格のできた人は中々いないのではないでしょうか(私もその一人です…)?

まわりの人に気遣いできる人間の性格が良くない訳がありません。

この事から、奥川恭伸投手は性格の良い、素晴らしい人だと言えると思います。

スポンサーリンク

恩師も奥川恭伸投手の性格を誉めている

奥川恭伸投手について、『とにかく謙虚な性格』だとコメントしている人がいます。

それは奥川恭伸投手のかつての恩師、三浦隆則さんです。

三浦隆則さんは奥川恭伸投手が以前通っていた宇ノ木中学校の監督さんで、奥川恭伸投手のことをよく知る人物の一人と言えます。

 

そんな三浦監督が謙虚である(しかも『とにかく』と強調)と評価されているのですから、本当に素晴らしい性格の持ち主なのでしょう。

中学生で野球がとびきり上手いとなると、普通は多少偉そうにしてしまうところ。

しかし自分の実力に決して奢らず、謙虚である姿勢はお見事としか言いようがありません。

スポンサーリンク