この記事では、清宮幸太郎選手の父親・清宮克幸さんについてお伝えしています。

プロ入り前から世間の注目を集めていた清宮幸太郎選手ですが、彼の父親・清宮克幸さんも知る人ぞ知る有名人です。

 

この記事をお読み頂くことで、

・ラグビー界のスーパースター、清宮幸太郎の父の経歴

・年収は…やはりスター!

・お住まいも身分相応の凄さ!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

この記事をお読みいただくことで、父・克幸さんの経歴や年収、更には自宅(画像有り)について知ることができます。

スポンサーリンク

清宮幸太郎の父親・プロフィール&経歴

清宮克幸プロフィール

まずは清宮幸太郎選手を育てた、父親のプロフィールを御覧下さい。

名前:清宮克幸(きよみやかつゆき)

生年月日: 1967年7月17日

出身地:大阪府大阪市

最終学歴:早稲田大学卒業

職業:元ラグビー選手・元監督

一時期フィーバーが起こっていた息子・清宮幸太郎選手の陰に隠れてはいましたが、実は父親もラグビー界のスーパースターでした。

ラグビーに詳しい方にとっては『清宮克幸の息子が野球選手になるのか!』という認識だったでしょうね。

清宮克幸の経歴

続きまして、清宮克幸さんの経歴について見てみましょう。

あの清宮幸太郎を育てた父親とは一体・・・ラグビーファンの方にとっては『知ってるよ!』と言われてしまいそうですが^^

清宮克幸の現役時代

・早稲田大学でラグビー部に所属、2年生の時に日本選手権で優勝!

・4年生の時には全国大学選手権で優勝!(チームの主将も務めた)

・大学卒業後はサントリーに入社し、ラグビー部に入部(ここでも主将に)。

・1995年に全国社会人大会で優勝し、日本選手権でも優勝!

・1997と1998に連覇達成!!!

 

な・・・何なんでしょうか、この驚くべきキャリア!

まさにラグビー界のスーパースターだったんですね。

清宮克幸の監督時代

・2001年に早稲田大学のラグビー部監督に就任。

・ 2003年に全国大学選手権で優勝!実はこの優勝、早稲田大学は13年ぶりでした。

・2004年は優勝を逃したものの、2年後の2005年に同大会で優勝!

・翌年の2006年も優勝を飾り、連覇達成!・・・そして勇退。 

・早稲田大学の監督を勇退後、サントリーの監督に就任。

・サントリーの監督就任1年目、マイクロソフトカップで準優勝!

・翌年には同大会で優勝!

・2011年にヤマハ発動機ジュビロの監督に就任。

・2015年、第52回日本ラグビーフットボール選手権大会で優勝!

 

選手としての実績もさることながら、監督としても超一流!

一体何回チームを優勝させれば気が済むのでしょうかwww

息子・清宮幸太郎選手と同じ野球選手で例えるなら・・・ラグビー界の落合博満?でしょうか!?

スポンサーリンク

清宮幸太郎の父親・清宮克幸の年収は?

選手として、そして監督としても落合博満的な活躍を見せていた清宮克幸さん。

そんなラグビー界のスーパースタの年収って気になりませんか?

 

2011年にヤマハ発動機ジュビロの監督に就任していますが、このヤマハ発動機という会社はオートバイ中心の機器を扱うメーカーであり、売り上げ規模は世界二位を誇る大企業です。

このレベルの大企業であれば、勤める従業員の懐具合は大変よくなるもので、会社の平均年収は670万円もあります。

あくまで平均ですので、670円よりも年収が低い人もいるでしょうが、それを差し引いても高年収と感じますよね!

『年収300万円時代』と言われている昨今、それを大幅に上回る年収ということです。

 

平均年収が670万円の大企業に勤め、監督という重責を担うのですから、年収は社内の平均を越えてくると推測できます。

これはあくまで予想ですが、年収は1000万円くらいあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク