この記事では、清宮幸太郎選手の年俸や契約金等についてお伝えしています。

高校時代に111本塁打を記録した清宮幸太郎選手。

2017年のドラフトにて北海道日本ハムファイターズに入団し、当初は1軍での出場機会を順調に増やしていましたね。

そんな清宮幸太郎選手の年俸はどのくらいなのでしょうか。

 

この記事をお読み頂くことで、

・高校球界のスーパースター・清宮幸太郎の年俸や契約金など

・プロ野球界のスター選手と比較してみると…

・同期のスラッガーはというと・・・!?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

清宮幸太郎の年俸はいくら?

高校時代に早稲田実業にて活躍した清宮幸太郎選手。

甲子園にて本塁打を記録するなど、高校通算で史上最多となる111本塁打を記録し、2017年のドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団しました。

そんな清宮幸太郎選手は、現在プロ2年目を迎えており、1軍でコンスタントに出場機会を得ています。

2019年、今シーズンは8月27日の時点で60試合に出場し、打率.197、5本塁打、23打点を記録しており、5月に20歳になったばかりでありながら、既に通算で12本塁打を記録しています。

まさに、将来は本塁打王になるのではないかという成長を見せていると思います。

 

そんな清宮幸太郎選手の年俸ですが、こちらも順調に伸びているといえます。

まず、2017年にドラフトを経て入団した直後の2018年の年俸は1500万円でした。

この額は、ドラフトされた当時の新人の最高条件であり、北海道日本ハムファイターズが清宮幸太郎選手に対して最大限の期待をしていることが分かります。

その後、高卒1年目ながら7本塁打を記録し、2019年の年俸は300万円アップの1800万円となりました。

この額も、高卒2年目としては高いと考えられ、今後の年俸の推移が非常に楽しみです。

スポンサーリンク

清宮幸太郎の契約金は?

ここまで、清宮幸太郎選手の年俸についてお伝えしました。

ところで、清宮幸太郎選手がドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに指名され契約した際の契約金はどのくらいだったのでしょうか。

清宮幸太郎選手が北海道日本ハムファイターズと契約した際の報道によれば、契約金は1億円であり、そのうえ出来高が5000万円となっていました。

 

この出来高5000万円をクリアすることは非常に難しいことだと考えられますが、年俸が1500万円だったことを踏まえると、契約金と合わせて最初の1年で1億6500万円を得ることになります。

これは、高卒ドラフト1位の選手とはいえ、驚くべき金額なのではないでしょうか。

スポンサーリンク