スポンサーリンク

現在はあれだけど…清宮幸太郎は将来どうなる?

野村克也さんは清宮幸太郎の将来に大きな期待を寄せていましたが、他の専門家は彼の将来性をどうみているのでしょうか?

名だたる専門家の意見をまとめてみました。

山田久志さん(通算284勝)

技術的に不足している点はあるものの、やはり長打力は魅力的。

将来的にはホームランを40~50本打てる可能性を秘めていると思う。

スター候補であることは間違いない。

川崎憲次郎さん(元ヤクルトのエース)

あの長打力は10~15年に一人の逸材で、松井秀喜や中田翔クラスと言えるレベル。

技術的には粗削りだが、スター候補として球団には大事に育成して貰いたい。

藪恵壹さん(元阪神~メジャーリーガー)

自分がアメリカにいるとき、彼がリトルリーグの世界大会で大きなホームランを打ったシーンを見ていた。

スケールが大きく、王貞治さんの868本塁打にも挑戦できる可能性もある。

将来的にはメジャー移籍するのでは?

 

彼らの総括すると、『まだ技術不足だが、長打力は魅力的であり将来性は十分にある。いずれスターになるでしょう!』ということですかね!?

現在の不調を目の当たりにすると少々不安になりますが、先生方の意見を素直に聞き入れ、清宮幸太郎選手の将来に期待しましょう!

スポンサーリンク

清宮幸太郎の現在を分析!将来は大打者となるのか!?:まとめ

・清宮幸太郎選手は現在、プロの壁に阻まれ苦戦している。

・しかし、あの野村克也さんがベタ誉めするほどの逸材である!

・多くの専門家も、清宮幸太郎選手の将来に大きな期待を寄せている!

 

以上の内容でお送り致しました。

 

高卒ルーキーが苦労もせずに活躍するケースなんて滅多にありません。

※清原和博さんや松坂大輔選手といった例外もありますが、それは一旦置いておきます。

あの松井秀喜さんも、チームの先輩である中田翔選手も苦労を重ねてスター選手になりました。

清宮幸太郎選手にしてもそれは同じことではないでしょうか?

現在の苦しい状態は『下積み時代』と受け入れ、将来を見据えて頑張って貰いたいですね!

 

スポンサーリンク