この記事では、長嶋一茂さんの血液型に関する内容をお伝えしています。

また、長嶋一茂さんのようなタイプとどのように付き合うべきか?

・・・という、知っていれば役に立ちそう(?)な情報も合わせてお送りします。

これを知っておけば、クセが凄い人とも平常心で渡り合える・・・かもしれませんwww

 

この記事をお読み頂くことで、

・長嶋一茂さんの血液型等について

・いかにもwwwというエピソード

・一茂さん的wクセのあるタイプと付き合うには

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

長嶋一茂の血液型は?特徴についても

まず長嶋一茂さんの血液型ですが、公式プロフィールによるとBだそうです。

因みにお父さんの長嶋茂雄さんもB型ということでした。

 

長嶋一茂さんの血液型が B型と分かったところで、次に B型の人の特徴と言われている点について見てみましょう。

・・・と、その前に。

血液型についてあれこれ言う人がいますが、○型だから…○型は…と血液型について相手を不快にさせる意見を言うのは『ブラッドハラスメント』 ですのでご注意下さい。

昨今問題となっている『パワハラ』や『マタハラ』のように、これも問題として扱われています。

 

さて、前置きはこの辺にして、話を戻しましょう。

※B型の人の特徴とされているのは以下の通りです(医学的根拠は一切ありません。)

まず一言で表現するならば、マイペース

他には個性的で好奇心旺盛で拘りが強い、熱しやすく冷めやすい 、また打たれ弱い(メンタル面)とも言われているようです。

当然ながら、上記に当てはまらないB型の人も星の数ほどいる筈です。

ただ、長嶋一茂さんに限っては上記の特徴に当てはまる点はありそうですね。

スポンサーリンク

B型という血液型らしい?長嶋一茂エピソード

B型という血液型の人らしい…と言えるのかは(?)ですが、それを思わせる長嶋一茂さんのエピソードについてご覧いただきましょう。

 長嶋一茂感満載エピソード1:好奇心旺盛かよw

血液型がB型の人に見られることが多々ある『好奇心旺盛』な性格。

この性格を見事に発揮したエピソードがあります。

それは長嶋一茂さんがプロ野球選手を引退した翌年のこと。

彼は指導者の道へは進まず、全くもって別の道へと進みました。

それはなんと空手家!

球技とは何の縁もない世界に行ってしまうとは…これだけ思いきった転身をするには、余程の好奇心がなければ不可能なことでしょう!

全く別の世界に進んだとは言え、長年野球で鍛えた肉体と精神、そして父譲りの身体能力は伊達ではなかったようで、凄い成績を納めたこともあります。

 

競技をはじめてからの年数で見ると、空手歴は20年を越えています。

元プロ野球選手であることは勿論のこと、堂々と『空手家』と名乗ってもいいですよね!

 長嶋一茂感満載エピソード2:ノムさんも手を焼くマイペースっぷり

長嶋一茂さんがドラフト一位でヤクルトスワローズに入団したとき、監督を務めていたのは『ノムさん』の愛称で親しまれている野村克也さんでした。

名将・野村克也の前であっても、長嶋一茂さんはマイペースを貫いていました。

野村克也さんが直接アドバイスを送ったりしても、何と長嶋一茂さんは耳を貸さなかったそうです。

更にはミーティング中であるにもかかわらず、ノートに落書きをしていたことも!

何てマイペースな人なんだろう!?とビックリしませんか?

当時の野村克也監督やコーチ陣も、長嶋一茂さんの行動には手を焼いていたでしょうね・・・。

 

これらの問題行動に対し、長嶋一茂さんはこのように語っていました。

同時の行動はダメだった。ダメな行動をしてしまった理由は、周囲の期待に答えられない自分へのストレスが原因だった。

・・・なるほど、言われてみれば確かにそうでしょうね。

過度な期待がプレッシャーとなってしまい、ある意味『ふて腐れた』ような行動をしてしまったということでしょう。

とはいえ、長嶋一茂さんらしい何ともマイペースなエピソードですよね(;==)

 長嶋一茂感満載エピソード3:拘りが強し!

立派な体つきの長嶋一茂さんって『元気満点、病気知らず』という印象がありませんか?

まさに健康体そのものと言えそうですが、それは彼の拘りによる賜物だと言えそうです。

長嶋一茂さんの健康に対する拘りは相当なもので、食事や睡眠、そして運動に至るまでしっかりと考えて行動しているようです。

 

・食事は一日一食、体を冷やすものは控える

・定期的に運動する

・体調不良の際は早めに睡眠

 

これらの点に気を付け、常に健康であり続けることができるようにしているみたいです。

更には一日二回瞑想を行うという習慣も毎日続けています。

健康に対して、強い拘りを感じ取れますよね。

スポンサーリンク