この記事では、長嶋一茂さんの年齢について、また同い年や同期についてお伝えしています。

今ではすっかりタレント業が板についていますが、何といってもドラフト一位でプロ入りした元プロ野球選手。

そんな長嶋一茂さんと同い年や同期の選手について見ていきましょう。

 

この記事をお読み頂くことで、

・年齢は若く見えて意外と…

・同期の選手は知る人ぞ知る…

・同じ年齢の有名人達

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

長嶋一茂の年齢は?

長嶋一茂さんの年齢ですが、1966年1月26日生まれの53歳( 2019年8月時点)です。

年齢を聞くといいお年だと感じてしまいますが、テレビで長嶋一茂さんを見るとそうは感じませんよね。

自由奔放な言動は「お坊ちゃま」と表現されることがあったり、見た目も筋肉ムキムキで健康的です。

また好奇心旺盛な性格で、空手の大会に出場したり、旅行(無類のハワイ好き)に頻繁に出掛けたりと、年齢を感じさせないアグレッシブさがあり何とも羨ましい人生を過ごしていらっしゃいます^^

 

長嶋一茂さんが生まれた1966年、父・長嶋茂雄さんはプロ野球選手として絶頂ともいうべき状態でした。

読売ジャイアンツの黄金期『V9』時代の真っただ中であり、正に球界を代表するスーパースターという立ち位置。

そんな国民的スーパースターの長男として生まれたのですから、周りの期待は想像を絶するほど凄いものだったでしょうねー。

プロ野球選手としては思うような結果は出せませんでしたが、現在では別の意味でファンの期待に応えていますね!

スポンサーリンク

長嶋一茂と同期の巨人の選手は?

長嶋一茂さんは1987年のドラフト会議でヤクルトスワローズに一位指名を受け、鳴り物入りでプロ野球界へと進みました。

ここ最近では同じ年のドラフトで指名された選手を『同期』や『ドラフト同期』と表現することもあるようですが、長嶋一茂さんと同期で読売ジャイアンツに入団した選手は誰だったのでしょうか?

1987年は父・長嶋茂雄さんはジャイアンツの監督は務めてはいなかったものの、その影響力は決して小さいものでは無かった筈です。

上層部も長嶋一茂さんを指名するべきか…色んな意味で頭を抱えたでしょうね。

 

そんな中でジャイアンツが出した答えは・・・。

一位指名は橋本清(PL学園)

長嶋一茂さんを一位指名しませんでした。

長嶋一茂さんの一位指名を回避して入団を要請した、橋本清さんとはどんな選手だったのでしょうか?

 

橋本清さんのポジションはピッチャーで、高校時代はPL学園で春夏連覇を達成した実績があります。

清原和博さんや桑田真澄さんの1つ下の学年であり、強かった時代のPL学園に在籍していたんですね!

ジャイアンツからドラフト指名を受けた時、既に本田技研への就職が内定していたそうです(橋本清さんも指名当初は本田技研への強い思いを語っていた)が、球団側の熱心な説得に応じ入団することになりました。

 

入団後は暫く2軍で生活することになりますが、プロ入り6年目に頭角を表します。

150キロを超える豪速球を武器にセットアッパーとして活躍。

グローザーの石井博史さんにつなぐリレーは『勝利の方程式』と呼ばれており、橋本清さんの存在はジャイアンツになくてはならないものになっていました。

しかしその後は怪我などにより思うような活躍ができなくなり、2001年にダイエーホークスに移籍したものの同年に引退。

現役生活にピリオドを打ちました。

 

橋本清さんの現在ですが、楽天ゴールデンイーグルスで監督を務めたデーブ大久保さんが経営する居酒屋で働いていると、2017年に週刊誌により報じられました。

長嶋一茂さんと同じく、野球とは別の道を歩んでいったんですね。

スポンサーリンク