この記事では、長嶋一茂さんに起こってしまった落書き事件についてお伝えしています。

バラエティ番組等でタレント業に大忙しの長嶋一茂さん。

最近では報道番組でコメンテーターを務めるなど大活躍ですが、かつて長嶋一茂さんの身に「落書き事件」ありました。

また、その事件には江角マキコさんが関係していたようで…

 

この記事をお読み頂くことで、

・落書き事件の詳細

・この一件に、女優・江角マキコさんの関係者が…

・事件の収束に関わった凄い人物の存在

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

長嶋一茂の落書き事件詳細

まず、今回の記事にて触れる長嶋一茂さんの落書き事件の詳細についてお伝えします。

この事件は2012年12月30日に、長嶋一茂さんの自宅の壁やガレージに「バカ」、「アホ」、「バカ息子」などと書かれた落書きが見つかったものです。

上の画像は、落書きの現場を写した画像だと考えられますが、壁に「バカ」、「バカ息子」という文字が書かれていることが分かります。

 

画像より分かるように、この落書きは大きく書かれており、落書きをした人の強い悪意が感じられるように思えます。

また、これらの落書きはペンキやスプレーにより書かれていたようです。

これに対し、長嶋一茂さんは警察に被害届を提出するといった対応をとったそうです。

これが、一時期ワイドショー等で取りざたされていた長嶋一茂さんの落書き事件の詳細です。

スポンサーリンク

長嶋一茂邸の落書きに、江角マキコの関係者が…!

この長嶋一茂さんの落書き事件は、事件が起こり、被害届が提出された時点では、被疑者不詳のまま受理されていました。

しかし、事件から1年半以上が経過した2014年8月に、この事件に関してある報道がなされました。

それは、江角マキコさんが憂さ晴らしのために、当時のマネージャーにスプレー缶などを渡し、長嶋一茂さんの自宅に落書きをするよう指示をしたという内容でした。

 

報道によれば、江角マキコさんと長嶋一茂さんは子供を同じ幼稚園に通わせており、仲が良かったようです。

しかし、ここで何らかのトラブルがあり、疎遠になってしまったようです。

さらに、長嶋一茂さんの妻の周辺には結束の固いママ友のグループがあり、江角マキコさんが孤立するような形になったうえ、いじめのような状態になってしまいました。

そして、江角マキコさんがマネージャーを務めている男性に指示を出し、長嶋一茂さんの自宅にペンキやスプレーで落書きをさせたうえで、男性に10万円程度の金銭を渡したという報道でした。

 

なお、この男性マネージャーは2014年3月に江角マキコさんが個人事務所に移籍するまでマネージャーを務めていたそうです。

この報道に対し、江角マキコさんはブログにてこの騒動に対して謝罪しました。

一方で、江角マキコさん自身は落書き事件への関与を否定し、事件は元マネージャーの単独犯行であることを主張しました。

以上のように、長嶋一茂さんの落書き事件には、江角マキコさんが関与しているという報道がなされていたようです。

スポンサーリンク