今回は、長嶋一茂さんに起こってしまった落書き事件について詳しくお伝え致します。

バラエティ番組等でタレント業に大忙しの長嶋一茂さん。

最近では報道番組でコメンテーターを務めるなど大活躍ですが、かつて長嶋一茂さんの身に「落書き事件」という事件があったようです。

また、その事件には江角マキコさんが関係しているようでした。

今回の記事では、その長嶋一茂さんの落書き事件と江角マキコさんの関係についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

長嶋一茂の落書き事件詳細



まず、今回の記事にて触れる長嶋一茂さんの落書き事件の詳細についてお伝えします。

この事件は2012年12月30日に、長嶋一茂さんの自宅の壁やガレージに「バカ」、「アホ」、「バカ息子」などと書かれた落書きが見つかったものです。

上の画像は、落書きの現場を写した画像だと考えられますが、壁に「バカ」、「バカ息子」という文字が書かれていることが分かります。

画像より分かるように、この落書きは大きく書かれており、落書きをした人の強い悪意が感じられるように思えます。

また、これらの落書きはペンキやスプレーにより書かれていたようです。

これに対し、長嶋一茂さんは警察に被害届を提出するといった対応をとったそうです。

これが、一時期ワイドショー等で取りざたされていた長嶋一茂さんの落書き事件の詳細です。

スポンサーリンク

長嶋一茂邸の落書きに、江角マキコの関係者が…!


この長嶋一茂さんの落書き事件は、事件が起こり、被害届が提出された時点では、被疑者不詳のまま受理されていました。

しかし、事件から1年半以上が経過した2014年8月に、この事件に関してある報道がなされました。

それは、江角マキコさんが憂さ晴らしのために、当時のマネージャーにスプレー缶などを渡し、長嶋一茂さんの自宅に落書きをするよう指示をしたという内容でした。

 

報道によれば、江角マキコさんと長嶋一茂さんは子供を同じ幼稚園に通わせており、仲が良かったようです。

しかし、ここで何らかのトラブルがあり、疎遠になってしまったようです。

さらに、長嶋一茂さんの妻の周辺には結束の固いママ友のグループがあり、江角マキコさんが孤立するような形になったうえ、いじめのような状態になってしまいました。

そして、江角マキコさんがマネージャーを務めている男性に指示を出し、長嶋一茂さんの自宅にペンキやスプレーで落書きをさせたうえで、男性に10万円程度の金銭を渡したという報道でした。

なお、この男性マネージャーは2014年3月に江角マキコさんが個人事務所に移籍するまでマネージャーを務めていたそうです。

この報道に対し、江角マキコさんはブログにてこの騒動に対して謝罪しました。

一方で、江角マキコさん自身は落書き事件への関与を否定し、事件は元マネージャーの単独犯行であることを主張しました。

以上のように、長嶋一茂さんの落書き事件には、江角マキコさんが関与しているという報道がなされていたようです。

スポンサーリンク

長嶋一茂の落書き事件を収束させたのは…!




今までお伝えしたように、長嶋一茂さんの落書き事件は、1年半以上経ってからも報道されるなど、非常に深刻なものになっていました。

ここでは、この事件がどのように収束したかについてお伝えします。

 

今回の事件に関する報道がなされた際、長嶋一茂さんの妻である長嶋仁子さんのバックには、顧問弁護士がついていたそうです。

この顧問弁護士は、以前にロス疑惑事件を無罪判決に導くなどといった、十分な実績を持つ弁護士でした。

ロス疑惑事件とは、1981年に輸入雑貨商を営んでいた三浦和義さんが、ロサンゼルスにて起きた事件に関する疑惑をかけられたものです。

この事件については、日本で裁判が行われ、1998年に東京高等裁判所にて、2003年には最高裁判所にて、三浦和義さんの無罪判決が出されました。

このときに無罪判決を導いた弁護士が、長嶋一茂さんの妻である長嶋仁子さんの顧問弁護士を務めいたようです。

また、この弁護士は多くの著名な芸能人との交流があったようです。

そのため、この事件について、江角マキコさんに関する報道は多くなされていたのに対し、長嶋仁子さんに関する報道はあまりなされなくなりました。

特に、江角マキコさんの事件への関与は詳しく報道されていた反面、長嶋仁子さんの周囲のママ友によるいじめの有無やその詳細は、ほとんど報道されませんでした。

その結果、この事件に関して全面対決とはならずに、事件は収束に向かったのだと考えられるのかもしれません。

以上のように、この事件の収束には、長嶋仁子さんの顧問弁護士の存在が関係していたのでは?という憶測が飛び交っています。

スポンサーリンク

長嶋一茂の落書き事件と江角マキコの関係性が…。:まとめ

今回の記事では、長嶋一茂さんの自宅に起きた、落書き事件についてお伝えしました。

まず、落書き事件では、長嶋一茂さんの自宅の壁などに「バカ息子」などとスプレーやペンキで書かれていました。

また、この落書きは江角マキコさんのマネージャーにより行われたものであり、その背景には長嶋一茂さんの妻である長嶋仁子さんと江角マキコさんの不和が関係していました。

しかし、この事件では江角マキコさんに関する報道は多くなされていたのに対し、長嶋仁子さんの報道はあまりなされなかったことから、事件は収束に向かいました。

現在タレントとして活躍している長嶋一茂さんに、かつてこのような事件があったと初めて知り、その規模の大きさに驚きました。

また、事件の背景に人間関係があると知り、人間関係の不和がこのような事態を引き起こしていたことが非常に印象的でした。

スポンサーリンク