この記事では、長嶋一茂さんの母親・長嶋亜希子さんについてお伝えしています。

長嶋一茂さんのお父さん言えば、『ミスタープロ野球』こと長嶋茂雄さん

そんなスーパースターを長年支え続け、癖のある息子を育て上げた影の立役者に注目してみました。

そして現在、ハワイのお墓で眠る理由についても・・・。

 

この記事をお読み頂くことで、

・国民的スーパースター・長嶋茂雄の嫁はどういった人物?

・二人は如何にして出会い、そして結ばれたのか?

・なぜ?ハワイに眠る理由…。

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

長嶋一茂の母親・長嶋亜希子さん詳細


最近、テレビで目にすることが本当に多いですよね?長嶋一茂さんって。

『ミスタープロ野球』と呼ばれた長嶋茂雄さんの息子であり、長嶋一茂さん自身もヤクルトスワローズなどでプレーした元野球選手ですが、最近ではニュース番組のコメンテーターを担当するなど、活躍の幅を広げています。

そんな長嶋一茂さんの母親、長嶋亜希子さんとはどういった人物なのでしょうか?

 

まず、長嶋亜希子さんの経歴についてお伝えします。

長嶋亜希子さん(旧姓は西村)は1943年に東京都渋谷区で生まれました。

田園調布雙葉高校に在学中にアメリカに留学し、そのまま現地の高校・大学を卒業しました。

その結果、英語・フランス語・スペイン語を操ることができるようになり、1964年の東京オリンピックにてコンパニオンとして活躍しました。

 

その後、翌1965年に当時スター選手であった長嶋茂雄さんと結婚し、プロ野球選手の妻となりました。

それ以降、長嶋茂雄さんの「男の職場に顔出すな」というモットーに忠実に従い、家庭に専念しました。

家庭では長男である長嶋一茂さんや、次女である長島三奈さんを含む2男・2女をもうけました。

その後、長嶋一茂さんがプロ野球選手としてデビューして以降も、メディアへの露出は極力控えていました。

また、2004年に長嶋茂雄さんが脳梗塞で倒れた際は、長嶋茂雄さんのリハビリテーションを支えており、まさに黒子役に徹していたといえます。

 

しかし、2007年に長嶋一茂さんの一家との会食後に突如体調を崩し、意識不明のまま翌日に心不全で亡くなりました。

このとき、長嶋亜希子さんは長嶋茂雄さんの個人事務所、株式会社オフィスエヌの代表取締役を勤めていましたが、長島三奈さんがこれを引き継ぎました。

スポンサーリンク

長嶋茂雄と嫁・亜希子さんの馴れ初めは?


ここまで、長嶋一茂の母親である長嶋亜希子さんの経歴についてお伝えしました。

ここでは、長嶋亜希子さんが長嶋茂雄さんとの結婚に至った経緯についてお伝えします。

 

先ほどお伝えしたように、長嶋亜希子さんは東京オリンピックにてコンパニオンを勤めていました。

そのような中、1964年10月に報知新聞社による「ON五輪をゆく」という、王貞治さんや長嶋茂雄さんが東京オリンピックのコンパニオンと対談するという企画がありました。

その企画に参加していたコンパニオンの中に、のちに妻となる西村亜希子さんがいました。

そこで西村亜希子さんと長嶋茂雄さんは互いに一目惚れし、交際に至ったうえ、その年の11月26日には婚約にまで至りました。

そして、年が明けた1965年1月26日に、渋谷区のカトリック渋谷教会に結婚式を挙げました。

 

この時点で長嶋茂雄さんは本塁打王2回、打点王2回、首位打者4回に輝いており、1964年に本塁打王に輝いた王貞治さんとともにON砲として一時代を築き始めている、まさにスター選手でした。

そのため、ホテルニューオータニに開かれた披露宴は非常に豪華なものとなり、清水与七郎日本テレビ社長、川島正次郎自由民主党副総裁、松下正寿立教大学総長、川上哲治巨人軍監督、藤田元司コーチなどが祝辞を述べました。

以上のようにして、長嶋茂雄さんと長嶋亜希子さんは結婚に至ったようです。

スポンサーリンク