長嶋一茂の成績…大学時代が凄い!【高校~プロの成績もご紹介!】

長嶋一茂
スポンサーリンク

この記事では、長嶋一茂さんの現役時代の成績(高校、大学、プロ)についてお伝えしています。

テレビで幅広い活躍を見せている長嶋一茂さん。

そんな彼の現役時代を知らない人も結構いるのではないでしょうか?

何を隠そう…長嶋一茂さんは、元プロ野球選手でした

それだけでも十分すごいのですが…実は大学時代、凄い成績を収めていました・・・!

 

この記事をお読み頂くことで、

・野球人・長嶋一茂さんの成績(高校→大学→プロ)

・その間に残した「長嶋一茂さんらしい」エピソード

等について知ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

嫁や娘とのチャンネル争いは卒業しましょう♪

 →今すぐDAZNを無料体験してみる

長嶋一茂の高校時代は?成績は?

まずは長嶋一茂さんの高校時代の成績を御覧下さい。

残念ながら高校3年間の通算成績は残っていませんが、最後の夏に残した成績(埼玉県予選)は以下の通りです。

1回戦〇(7月19日)幸手商戦…8対0(4打数2安打)
2回戦〇(7月22日)慶応志木戦(4打数2安打)
3回戦〇(7月24日)所沢高戦(二塁打・三塁打)
4回戦〇(7月25日)熊谷西戦(2安打)
5回戦〇(7月27日)春日部共栄戦(無安打)
準決勝●(7月29日)所沢商戦(4打数2安打)

甲子園出場は残念ながら逃してしまいましたが、見事な活躍と言えるのではないでしょうか?

県予選では通算10本もヒットを放っています。

 

因みに、昨今注目される『高校通算本塁打』ですが、本人曰く『公式戦では打ったことはない、練習試合では打ったような?』とのことでした。

 

続きまして、数字だけでは見て取れない【高校球児・長嶋一茂】を詳しく見てみましょう。

長嶋一茂・野球再開するってよ

長嶋一茂さんの出身高校は立教高等学校で、現在は立教新座高等学校と校名を変更しているようです。

当時、長嶋一茂さんは当高校で野球を『再開』します。

『再開』と言いますのは、一度野球を辞めていたからです。

実は長嶋一茂さん、中学生の頃は野球部に所属しておらず、ボールすら触っていませんでした。

どうやら小学校の頃に一度挫折しているみたいですね。

その原因は、偉大な父の影響からか、それとも・・・?

 

ではなぜ、一度辞めてしまった野球、それも中学時代の長いブランクを経て高校で再開したのでしょうか?

その切っ掛けとなったのは、当時ジャイアンツの監督を務めていた父・長嶋茂雄さんの解任事件でした。

当時のオーナーの『鶴の一声』により、国民的スーパースター・長嶋茂雄の突然の解任。

日本中の、そして長嶋家にとっての大事件となりましたが、これが長嶋一茂さんを野球の世界へと呼び戻す切っ掛けとなろうとは。

この事件が起こった時、長嶋一茂さんは心に誓いました。

自分がジャイアンツを見返してやるんだ!

ここから長嶋一茂さんの本格的な野球人生がスタートしたと言えます。

超一流の遺伝子を持つ長嶋一茂さんですから、復帰すると知ったご家族や身内の人たちの期待は大きかったことでしょう。

 

・・・ところが、現実はそう甘くありませんでした。

やはり成長期といえる中学3年間を空白の状態で過ごした付けは大きかった。

長嶋一茂さんが練習する姿を見た周りからは、こんな声が聞こえてきたそうです

長嶋茂雄の息子なのに下手だな

この上ない屈辱だったと容易に想像できます。

しかし、これら外野からの声を糧に、チームの中心ともいえるポジションを勝ち取ります。

長嶋一茂さんが『4番・ファースト』を任されるようになったのは2年生の秋の頃でした。

チームの4番を任されるのは本当に凄いことです。

これは間違いなく実力でもぎ取ったものであると言えます。

実際、練習試合での打率は3割を上回っており、決して『親の七光り』ではありませんでした。

既に垣間見えていた長嶋一茂感w

高校時代に残した成績と、ひた向きの努力を続けたからこそ勝ち得た立ち位置でしたが、既に現在の長嶋一茂を感じるエピソードが存在します。

 

それはチームが準決勝で敗れたときのこと。

実はは敗因は長嶋一茂さんのエラーでした。

エラーは誰でも起こりえるので、この点は責められるいわれはありません。

・・・しかし!

長嶋一茂さんは当時についてこう語っていました。

守備は適当にやっていました

ここまで褒めちぎった言葉を返していただきたく存じますw

こういった態度は当然ながらチームメイトも感じていたようで、誰一人として長嶋一茂さんを励ましてはくれなかったそうです(笑)

スポンサーリンク

長嶋一茂の成績・大学時代が凄い!

続いて、長嶋一茂さんの大学時代を見ていきましょう。

高校卒業後は、父・長嶋茂雄さんと同じ立教大学へと進学します。

高校時代に野球に打ち込んだ(守備は適当でしたがw)成果もあり、1年生で早くもレギュラーに抜擢されます。

大学4年間で残した通算成績は以下の通りです。

101試合出場
382打数86安打
打率 .225
打点 54本
ホームラン数 11本

打率は少々低いかな?という印象をでしょうか?

しかし、最上級生となった大学4年生の頃は大活躍を見せます!

ドラフト1位の名に恥じない、長嶋一茂の大学時代の成績!

1987年の春季リーグでは4番でキャプテンを務め、.340という高打率を残しました。

同じく1987年の秋季リーグにおいても、目を見張る活躍。

なんとリーグの打点王に輝き(16打点)、ホームランも4本放っています。

これらの活躍が認められ、春秋共にベストナインに選ばれました。

春季リーグにおいては、満票でのベストナイン選出でした。

そしてそして、大学の日本代表に選出されました。

今で言うところの『侍ジャパン』です。

この後、ドラフト会議でヤクルトスワローズから一位指名を受け、プロ野球の世界へと進むことになりました。

テレビではあんな感じ(失礼!)ですが、凄い選手だったんですね。

大学時代の長嶋一茂伝説が草www

大学時代でも、長嶋一茂さんには驚きのエピソードがあります。

エピソードというより、もはや伝説とでも言えるのかもしれません。

大学時代の伝説1~ケツバットへし折り~

当時から大物感じを出していたのでしょうか?

先輩や監督からは『生意気』と映ってしまうこともあったようです。

野球部の人がそんな年下にやることといえば・・・『ケツバット』。

しかし、長嶋一茂さんは大物でした。

ケツバットの瞬間にヒップを突き出し・・・何とバットをへし折ってしまったそうです!

何というケツ筋!

その光景を見た先輩や監督の驚く姿…目に浮かびますよねw

大学時代の伝説2~英単語で誤爆~

父・長嶋茂雄さんは流暢(?)な英語を話していましたが、息子はその才能を受け継いではいなかったようです。

大学時代、英語の講義中に『The』を『ザ』とは読みませんでした。

彼が読んだのはなんと・・・!?

『テヘ』

このことはテレビで暴露されたのですが、これについては『テヘとも読める!』と力でごり押ししていましたw

大学生と言えば大人ですから、この時点で『長嶋一茂・完全体』となっていたんですね。

長嶋一茂の成績・プロ野球選手編

ヤクルトスワローズでプロ生活を開始するも・・・。

大学4年生での大活躍、そしてあの長嶋茂雄の息子として鳴り物入りでヤクルトスワローズに入団した長嶋一茂さん。

並みのドラフト1位ルーキーとは次元の違う注目度でした。

長嶋茂雄さんの現役時代を知るプロ野球ファンにとっては、特に期待が大きかったことでしょう。

そんな中、プロ入り1年目にインパクトの強い活躍を見せました!

 

4月27日のジャイアンツ戦でのこと、ガリクソン投手から

プロ入り初安打、初ホームラン、初打点を記録。

この活躍に、当時世間は大いに盛り上がったものです。

・・・が、この時の活躍が、ヤクルトスワローズにおいて…そして長嶋一茂さんのプロキャリアのピークと言えるものでした。

ジャイアンツに移籍

1993年、父・長嶋茂雄さんが指揮を執ることになったジャイアンツに移籍。

外野手として1994年シーズンの開幕スタメンを勝ち取ります。

それ以降の活躍振りをご覧頂くと、

・1994年は46試合に出場
・1995年は怪我の影響で、一軍の試合には一度も出場せず
・1996年、戦力外通告を受け、現役を引退

こうして、長嶋一茂さんはプロ野球選手としてのキャリアを終えました。

 

それでは、長嶋一茂さんのプロ野球選手時代に残した通算成績をご覧ください。

通算成績(7年)通算161安打、打率:210、打点:82、本塁打:18

寂しい成績だなぁ・・・というのが正直な感想ではないでしょうか?

周りの期待も大きかっただけに、相当なプレッシャーを受けながらプレーしていたのでしょうね。

長嶋茂雄の息子という事実を差し置いても、長嶋一茂さんは大学時代にベストナインに選ばれ、そして日本代表にも選出された大学屈指の選手だった筈です。

でなければ、ドラフト一位で指名なんてされませんしね。

そんな言わばエリートですら、プロの世界では通用しなかった・・・。

やはりプロの世界はそれほどに厳しいものなのでしょう。

 

7年間という短い現役生活となってしまいましたが、残したインパクトはとてつもなく大きかったと言えると思います。

実際、長嶋一茂さんがホームランを放ったときの異様な盛り上がりと言ったら!

苦しい現役生活だったかもしれませんが、プロ野球ファンとしては『現役生活、お疲れさまでした!』とねぎらいの言葉をかけたいですよね?

長嶋一茂の成績以上に凄かった『型破り』なエピソード

まさに鳴り物入りでプロ入りしたものの、現役生活での成績においてはいわゆる「鳴かず飛ばず」になってしまった一茂さんですが…

※それでもプロに入った選手の中でその半数以上は一軍に一度も上がれずに終える事を考えれば十分立派なんですけどね! 

そのプロ生活の中で残した伝説のエピソードの数は「超一流」の選手たちに引けを取らないものだったようです。

エピソード1:『何様だ!』事件

1996年のセリーグは首位広島と最大11・5ゲーム差を逆転したジャイアンツがリーグ優勝を果たしたのですが、その大逆転の裏側で一茂さんはある事件を起こしていたようです。

なんと一茂さんは当時のコーチであった土井正三さんに対し

「アイツ何様のつもりだよ!くだらねえ!あんなやついらねえよ!!」

と暴言を吐いてしまったのです!

 

野球というスポーツは上下関係の厳しい世界であり、また土井さんといえば一茂さんと同じ立教大学から巨人に入団、名二塁手として鳴らし、打撃では父の茂雄さんや王貞治さんにつなぐ2番打者として巨人9連覇に大きく貢献した一流選手です。

そんな直属の土井コーチに対して『何様だ!』と言うことを浴びせた一茂さん。

当時のチームメイトでもあった槙原寛己さんも「その暴言ですごく輪が乱れた」と、とあるテレビ番組でも振り返っています。

この事件のあと、一茂さんは罰金を払って2軍に降格!

一方でチームは大逆転優勝を果たすことになるのです。

 

『何様だ!』発言の理由として

「自分だけに課せられる2時間にも及ぶバント練習が本当につまらなかった」

と一茂さん自身も回想していますが、その奥底にあったのは「長嶋茂雄の息子なんだという気持ち」だった事も付け加えています。

 

うーん、確かにそうだったのかもしれませんが…自分の大学の先輩でもあり、お父さんの同僚でもあったコーチに対してしてしまった『何様だ!』発言はまさに型破りと言っていいものですよね!

もちろん一茂さんは当時を振り返り

「亡くなられた土井さん、ご親族の方、関係者も含めて、多大なご迷惑をおかけしました、本当に申し訳ありませんでした」

と謝罪しています。

エピソード2:ドラえもん事件

ドラフト1位でヤクルトに入団した一茂さんはあの名監督・野村克也さんのもとでプレーする事になったのですが、入団当時の一茂さんはまさに「ボンボン」気質!

入団当時、ヤクルトでは外国車は禁止とされていた為、国産高級車の代名詞でもあったソアラを契約金でポンと購入していきなり先輩選手達からヒンシュクを買っていたようですが…(笑)

この「ドラえもん事件」では、そんなものが可愛く思えるくらいの「型破りな大物ぶり」を発揮してくれています。

当時のヤクルトは野村監督就任以降、ID野球が掲げられ、実際の練習同様に「ミーティング」が重要視されていました。

選手は慣れないながらもノートとペンを持ち、細かいプレー戦略だけでなく「社会人としてのあるべき姿」、「人生観」においてまで野村監督から指導を受け、熱心に自らに取り入れようと勉強していったのです。

その野村イズムが実を結び、ヤクルトはここから「ID野球黄金期」を作り上げていくのですが…一茂さんにはこのイズムがどうやら合わなかったようです(笑)

 

チームメイトが熱心にメモを取る中、一茂さんはノートにドラえもんの絵を描いて暇つぶしをしていたのです!

野村監督から野球に対する姿勢を問われるようなお説教があっても一茂さん

「ほとんど聞いてなかった、何にも覚えていない」

と振り返っています。

「お前は“一所”懸命で生きているのか? “一生”懸命で生きているのかどっちなんや?」

と聞かれたことは覚えているそうですが、一茂は

「何をこの人は言っているんだろう?」

と思っていたそうです(笑)

 

野村さんの「人生を勝利に導く金言」としても大事にしているこの「一生懸命」という言葉を使ってでも、永遠のライバルである長嶋一茂の息子・一茂に人間としての在り方を説こうとしたのだと思うのですが…

一茂さんがノートに書いたその答えは「ドラえもん」だったのです!!

とにかくあらゆることに常識外れであり、我々の物差しでは決して測ることは出来ない、一茂さんという人は型破りを絵に書いたような人なのかもしれませんね。

長嶋一茂の成績…大学時代が凄い!高校~プロの成績も紹介!まとめ

・長嶋一茂さんの高校時代の成績(3年生)は、チームは県予選の準決勝で敗退、ヒットを10本も打っていた。
・長嶋一茂さんの大学時代の成績は、4年生の時に日本代表に選ばれる等、ドラフト1位指名を受ける程の活躍を見せていた。
・プロ入り後ヤクルトスワローズとジャイアンツでプレーするも、目立った活躍は出来ず、1996年に引退した。
・長嶋一茂はプロでの成績は良いものとは言えなかったが、数々残したその伝説的エピソードはまさに型破りなものばかりだった。

以上の内容でお送り致しました。

 

高校時代、大学時代、そしてプロ野球選手時代と見てみると、やはり大学時代の活躍ぶりが目立っていましたよね。

プロ入り後は思い描いたような活躍はできなかったかもしれませんが、引退後はそれまでに培った『長嶋一茂力』をテレビの前で存分に発揮してくれています(笑)

偉大な父・長嶋茂雄さんとは違った道に進みましたが、元野球選手である長嶋一茂さんがバラエティー番組等で活躍する姿を見ることができるのは、野球ファンにとって嬉しいものだなー、と感じる今日この頃です^^

【無料で31日間お試し】脱・チャンネル争いのチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、嫁や娘とのチャンネルを卒業できます♪

ひたすら野球を見ていても、白い目で見られたり…文句を言われたり…そんな気まずい思いをせずに済みますよ(笑)

 

→DAZNの詳細はこちら

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、嫁や娘にチャンネルを譲る必要が無くなる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料でスポーツ観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

 

そして、なんとDAZNなら野球だけでなく、世界各国130種類以上のスポーツ中継が視聴できます!

サッカーだけでもJリーグ、プレミアリーグ、セリエA・・・と、圧倒的なコンテンツのボリュームを誇ります!

またテニスやバスケット、F1に至るまで様々なジャンルのスポーツを配信中です。

スマホを片手に、自分だけの時間を楽しみましょう♪

 

→DAZNの詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました