阪神タイガースの藤浪晋太郎投手。

近年の不調はイップスによるものでは?と噂されていますよね。

不調は技術面ではなく、精神面によるものなのでしょうか・・・?

ということで、今回は藤浪晋太郎投手の性格について詳しくお伝え致します。

 

スポンサーリンク

藤浪晋太郎の性格は【頑固】との噂が…。



藤浪晋太郎投手は頑固な性格だと言われています。

以前に阪神タイガースのキャンプで臨時コーチを務めたタイガースOBの江夏豊さんが、あるトークショーで阪神タイガースの投手について語っています。

江夏さんが臨時コーチとして投球の基本であるキャッチボールの大切さについて、阪神タイガースの投手陣に話していた時のことです。

藤浪晋太郎投手の先輩の能見篤史投手が江夏さんの言うことをしっかり目を見て聞いていたのに対して、藤浪投手は江夏さんの教えに対して少し懐疑的な反応を見せたそうです。

江夏さんは藤浪晋太郎投手について、高校野球で経験を積み、しっかり自分の中に芯を持っている選手だと言います。

しかし、何れにしても、コーチの言う通りにするかしないかは別として聞く耳は持たないといけないと藤浪晋太郎投手に話したそうです。

 

江夏豊さんは阪神タイガースのOBであるだけでなく、名球会にも入っているレジェンドと言われる人です。

そんなレジェンドからの教えでも素直に受け入れられないと言うですから、藤浪晋太郎投手の頑固な性格が伺えます。

藤浪投手の頑固な性格の原因は、高校時代に甲子園春夏連覇をしたという実績があり、その自信からくるプライドの高さなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

藤浪晋太郎の性格は案外…?



藤浪晋太郎投手の性格に関しては、実は不真面目で夜遊び好きなのでは、と言う噂があります。

以前、何度か女子アナウンサーとの熱愛報道が噂されたこともあります。

また、元阪神タイガースの選手で高校の先輩でもある西岡剛氏に連れられ、女性を大勢伴ったクルーザーパーティーに参加させられたと言うことが週刊誌で報じられたこともありました。

熱愛報道に関しては藤浪晋太郎投手本人は否定しており、またクルーザーパーティーに関しても先輩に無理やり参加させられたようです。

プロ野球選手の中には派手に豪遊している選手もいると言われています。

しかし、アスリートにとって体調管理は欠かせないものです。

そのためにも夜遊びを控えるべきでしょう。

 

スポンサーリンク

不調の原因はイップス?性格?



ルーキーイヤーから活躍していた藤浪晋太郎投手ですが、ここ数年間は結果が出せない状態が続いています。

その原因にイップスがあげられることがしばしばありますが、プロ野球OBの落合博満さんは、藤浪投手の不調の原因は精神面ではなく技術面だと語っています。

 

藤浪晋太郎投手と同学年で同じ年にプロ野球界に入った大谷翔平選手は、今やアメリカのメジャーリーグでもスター選手としての地位を確立しつつあります。

藤浪投手は大谷翔平選手に実績で大きく差をつけられてしまったわけですが、その差が出た原因は両者の性格によるものなのかもしれません。

 

大谷選手はとても真面目な性格で、野球に対しストイックだと言われてます。

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍した大谷選手ですが、初めは技術面で理解できないことや対応できていないことがあったと言います。

大谷選手は自分が今まで日本でやってきたことを生かしてプレーしたいと言う考えもあったそうですが、結果を残すためにフォームを改善し、技術面の不安を克服していったそうです。

大谷選手の柔軟な考え方や問題に対して取り組む姿勢は、現在不調で結果が出せていない藤浪晋太郎投手も見習うべきところなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手の性格は頑固だと言います。

藤浪投手がタイガースにプロ入りした一年目に、先輩の藤井彰捕手が試合でボールを受けた時のことです。

ルーキーであるにも関わらず、大ベテランの藤井捕手のサインに首を何度も振る藤浪投手の姿があったと言います。

江夏さんの教えに対しても素直に受け入れなかったように、相手が誰であれ自分の考えと違えば妥協しない性格なのでしょう。

 

一方、アメリカのメジャーリーグで大活躍中の大谷翔平選手は、自分が抱えている問題に対して変化を恐れず対応する柔軟性があるように見受けられます。

藤浪晋太郎投手も不調を克服する為、色々なことに取り組んでいるのだろうと思いますが、他の人の声にも耳を傾け、自分を変えていく柔軟性が求められるのかもしれません。

私の藤浪晋太郎投手の性格に対する印象としては、ルーキー時代は真面目な性格で、インタビューにもしっかりと自分の考えを話すと言うイメージを持っていました。

 

しかし、インタビューやSNSなどでチームメートとはしゃいだり、チームメイトをいじったりする姿を見て、藤浪投手は意外とやんちゃな性格でもあるのかもしれないと感じるようになりました。

ピッチングなどに関して尋ねられたことに対して答えている内容を見る限り、確かに頑固でプライドの高さを感じる部分があります。

入団当初の藤浪晋太郎投手はマウンドの上ですごく堂々と自信を持って投球をしていたように思います。

藤浪投手も阪神タイガースの矢野監督の言うように、超積極的に楽しく野球ができるようになればいいなと思います。

スポンサーリンク