試合に出れば当たり前のように大活躍する大谷翔平選手。

そんな彼は、一体どのような両親に育てられたのでしょうか?

今回は、大谷翔平選手の両親について詳しく(職業、身長、画像など)お伝え致します。

スポンサーリンク

大谷翔平の両親・父の職業等は?



メジャーリーグで活躍を続けている大谷翔平選手。

指名打者として好調を維持しており、今シーズンは5月からの出場でありながら、7月19日の時点で14本塁打を記録しています。

 

ところで、大谷翔平選手のようにスポーツの世界で一流の成績を残している選手は、両親の影響を受けていることが多いようです。

選手によっては、両親のスパルタ教育のおかげで一流になったという話も聞きます。

そこで、今回の記事では、大谷翔平選手の両親とその職業についてお伝えします。

 

まず、大谷翔平選手の父は大谷徹さんという方で、画像の右に写っている方です。

現在、大谷徹さんは、職業として大谷翔平選手の故郷である岩手県の金ケ崎リトルシニアというチームで監督をされているそうです。

また、他の職業としては、自動車関係の職業に勤めていたこともあるようです。

なお、この金ケ崎リトルシニアというチームは、中学硬式野球のクラブであり、今シーズンはリトルシニアの野球選手権の東北大会に出場しています。

 

そのようなチームで監督をされている大谷徹さんは、高校時代は岩手県立黒沢尻工業高等学校にて外野手としてプレーしていたそうです。

黒沢尻工業高校は岩手県では強豪であり、甲子園に出場したこともあります。

高校を卒業した後は、社会人野球である三菱重工横浜の硬式野球部(現:三菱日立パワーシステムズ硬式野球部)に所属していました。

 

三菱重工横浜の硬式野球部は、社会人野球においては強豪であり、都市対抗野球大会に9回、社会人野球日本選手権大会に5回出場したことがあるうえ、どちらの大会においてもベスト4まで進出したことがあります。

また、プロ野球選手を多く輩出しており、西武ライオンズで68勝を記録し2004年の日本シリーズMVPを獲得した石井貴選手や、現在北海道日本ハムファイターズにコーチ兼捕手として所属している鶴岡慎也選手が主なOBとして挙げられます。

このように、大谷徹さんは高校野球や社会人野球という極めて高いレベルの環境にて野球を続けてきたことが分かります。

 

ところで、そのような大谷徹さんは身長が182㎝あるそうです。

大谷翔平選手の身長が193cm、社会人野球のトヨタ自動車東日本に所属している大谷翔平選手の兄である大谷龍太選手の身長が187cmであり、それに比べれば低いですが、それでも体格に恵まれているといえます。

以上の内容をまとめると、大谷翔平選手の父である大谷徹さんは体格に恵まれたハイレベルな野球選手だったといえます。

 

スポンサーリンク

大谷翔平の両親・母も高身長?



次に、大谷翔平選手の母についてお伝えします。

大谷翔平選手の母は大谷加代子さんという方で、大谷翔平選手の幼少期には、飲食店でパートをされていたことがあるようです。

また、大谷加代子さんはバドミントンの選手として輝かしい実績を残しています。

具体的には、バドミントンの選手として高校総体(インターハイ)や国体に出場した経験があるようです。

 

なお、大谷翔平選手は、小学2年生の秋から地域の硬式野球チームに所属していたようですが、それ以前は大谷加代子さんの影響でバドミントンを楽しむことがあったようです。

また、バドミントンにおいて、タイミングを計って羽根を打つ動作が、のちに野球に活きたという一面もあります。

 

旦那さん程ではありませんが、大谷加代子さんも身長は170cmあったようです。

この身長は、女性の中では高い方であり、大谷翔平選手の体格に少なからず影響があるように思えます。

以上の内容をまとめると、父である大谷徹さんと同様に、母である大谷加代子さんもアスリートであり、大谷翔平選手に影響を与えていたといえます。

 

スポンサーリンク

大谷翔平一家の家庭環境は?



大谷翔平選手の両親は、輝かしい実績を残しているアスリートでした。

そのような環境では、大谷翔平選手は野球選手としてのスパルタ教育・英才教育を受けてきたように思えます。

しかし、これについて大谷翔平選手は以下のようなコメントを残しています。

「野球は『やれ』とは言われていません。自然とやっていました。」

つまり、大谷翔平選手が野球に打ち込んでいたのは、両親の教育によるものではなく、身近に野球があったからだと考えられます。

また、大谷翔平選手はバトミントンだけでなく水泳をやっていたこともあるようですが、以下のようなコメントも残しています。

「バトミントンも水泳も好きでやっていたので、どの道に進んでもおかしくなかったと思いますけど、一番最初にみたときに、かっこいいな、と思ったのは野球でした。一番自信もありましたし。」

このことから、大谷翔平選手は野球を押し付けられたことはなく、好きだから打ち込んだということが分かります。

そして、スパルタ教育ではない、押し付けいないという両親の方針が大谷翔平選手にあっており、現在の活躍に繋がっていると考えられます。

ところで、ネットでは大谷翔平選手の両親の離婚の噂が見受けられることがありますが、これは完全なデマのようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、大谷翔平選手の両親の経歴と職業についてお伝えしました。

まず、大谷翔平選手の父である大谷徹さんは、職業として中学硬式野球の監督を勤めているようです。

そのうえ、過去の職業としては、重工業や自動車関係の職業に就いていたようでした。

また、大谷翔平選手の母である大谷加代子さんは、職業としてパートをしていたことがあるようです。

一方で、大谷翔平選手はスパルタ教育のような環境で野球に打ち込んだのではなく、好きで始めたということが分かりました。

一流アスリートにはスパルタ教育のイメージがありましたが、それには当てはまらず、少し驚きました。

今後も、一流の活躍を見せる大谷翔平選手に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク