落合博満のバッティングフォーム・神主打法に注目してみた。

この記事では、落合博満さんのバッティングフォームである『神主打法』について詳しくお伝えしています。

落合博満さんのバッティングフォームは個性的で、そのバッティングフォームの名は「神主打法」と呼ばれていました。

今回、神主打法のルーツを調べてみたところ、意外な事実が・・・。

 

この記事をお読み頂くことで、

・神主打法とはどういったバッティングフォームなのか?

・神主打法の元祖

・落合博満さんが参考にした、神主打法の使い手

 

等について知ることができます。

[char no=3 char=”野球犬”]ぜひ最後までお付き合い下さい![/char]

スポンサーリンク

バッティングフォームが格好良すぎる…落合博満は神主打法の代名詞!

神主打法と呼ばれるバッティングフォームを名を聞くと、落合博満さんを連想させるといっても過言ではありません。

ですが実は、神主打法を使用していた元祖は岩本義之さんでした。

 

岩本義之さんは、戦前から戦後にかけて選手や監督として活躍したプロ野球選手でした。

なんとこの人、初代トリプルスリーを達成した名選手でもあったそうです!

そんな名選手が落合博満さんよりも遥かに早い時代に使用していたバッティングフォームでしたが、時代のせいか?落合博満さんが凄すぎたせいか?

落合博満さんこそ神主打法の代名詞と称されているのでしょうね。

スポンサーリンク

落合博満のバッティングフォーム、神主打法について詳しく調べてみました。

神主打法とはどういったバッティングフォームなのでしょうか?ご説明致します。

体の正面や体の横でゆったりとバットを構える、その形がお祓いをする神主の様に見えることからこの名前が付いたようです。

リラックスして構えて、ボールが来た瞬間に全身の筋肉を動かしてスイングする!

このバッティングフォームは、理論的に大きな力を発揮することができるそうです。

つまり、長打が期待できるってことですよね。

 

にもかかわらず、神主打法はなぜ普及していないのでしょうか?

その理由ですが、バットコントロールが難しくなってしまうからだそうです。

また、投球を見極めるタイミングも困難になってしまうということもあります。

チェックポイント!
神主打法が流行らないのは、難易度が高いから。

 

一見理想的なバッティングフォームの様に思えますが、一長一短があるんですねー。

落合博満さん自身もそのことは当然理解しているようで、「野球少年はマネしないように!」と言っていたそうです。

スポンサーリンク

落合博満の神主打法って、実は有名なバッティングフォーム?

野球を知らない人からすると、その名前を聞いても「神主打法?なんじゃそりゃ??」と感じると思いますし、そのバッティングフォームをイメージすることもできないと思います。

そりゃそうですよね、野球と神主なんて何の関係もなさそうですしね。

ですが、野球好きにとって「神主打法」は結構有名だったりします。

Twitterで「神主打法」ど検索してみると・・・?

・・・という具合に、かなりの数が検索でヒットします!

落合博満さんが現役を引退したのは随分前の話ですが、神主打法という単語は野球好きの間では今でもトレンドキーワード!?なのかもしれませんね^^

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました