今回は、落合博満と嫁・落合信子さんとの馴れ初めをメインにお伝え致します。

落合博満と嫁の落合信子さんとの馴れ初めが凄いですwww

二人の馴れ初め、落合信子伝説!?とも言えなくもないエピソードについてご紹介致します。

この記事を最後までお読みいただけない場合、落合信子さんの偉大さを知る機会を失うことになるでしょう。

・・・と、その前に、信子夫人とドアラの貴重な対談動画を発見しましたのでご覧ください。

さて、本題に戻しまして、話を進めてさせていただきます。

スポンサーリンク

落合博満の嫁・落合信子のプロフィール

生年月日:1944年9月18日
出身:長野県飯田市
血液型:A型
学歴:飯田女子高等学校卒業

長野県にある私立・飯田女子高等学校を卒業後に上京。

貴金属の販売員をやっていたそうです。おしゃべりが上手な人ですし、うまくやっていたのでしょうか?

そのおしゃべり能力を活かし(?)販売員を経てスナックを経営していたそうです。

 

スポンサーリンク

二人の馴れ初めは???

さて、落合博満と嫁・落合信子さんとの馴れ初めですが、喫茶店で3対3のお茶会・・・合コンですね。

完全に惚れてしまった落合博満!スナックを経営していた後の嫁・落合信子さんの常連客になったようですね。

「俺の嫁はこの人しかいない!」と思ったのでしょう、落合博満はなんと出会って三日目にプロポーズをしました!

まだ相手のことをよく分からない状態だったでしょうに・・・。

流石は後の三冠王、思い切った行動ですよね。

ですが、後の嫁・落合信子さんはプロポーズを二度も断っています。

断られた落合博満、号泣しちゃったそうです(TOT)

その理由は「結婚したら苦労しそう」だったからだそうです。

それもその筈、今後結果を出し続けるかどうかも分からないプロ野球選手と結婚するのは不安ではありますよね。

ですが、漢・落合博満は決勝打を放ちます。

後の嫁・落合信子さんに「俺がもらうから」と抱きしめながらプロポーズしたそうです。

流石にこれには陥落し、落合信子さんは落合博満の嫁となることを決意したみたいですね。

 

スポンサーリンク

「落合博満の嫁」で終わらない、落合信子伝説

あの落合博満の嫁、というだけでも有名になってしまいそうですが、落合信子さんは数々の伝説を残しています。

もう旦那が凄いとか凄くないとかいうレベルではございません^^;

年齢をサバ読んでいた!?

落合博満と交際していた時の話ですが、実は年齢を6つもサバ読んでいたそうですwww

一つや二つだったら分からないかもしれませんが、大胆なサバの読み方をされていますね!

落合博満は気づかなかったのでしょうか?どちらにしても、スケールが大きいですね(笑)

「世界の王」も目じゃない!?

二度目の三冠王を獲得した落合博満。三冠王を二度獲得したということは、あの王貞治さんに並んだということです。

普通の嫁だったら褒めちぎると思うのですが・・・。

落合信子さんは普通の嫁ではありませんでした。

「王さんに並んだだけで満足せず、抜いてみなさい」とハッパをかけたそうです。

奮起した落合博満、後に見事に三度目の三冠王を獲得しました。

 

落合博満に技術的なアドバイス!?

プロ野球選手と嫁と言えば、栄養面を管理したり、子育てをしたりと「裏方」に徹することが普通なのかなー、とお思いではありませんか?

ですが、ここでも落合博満の嫁は普通ではありません。

プロ野球の中継中に、テレビ画面に分度器を当ててバッティングフォームを分析。

そして直々にアドバイスしていたそうです。

これって凄いことですよね。

野球を未経験の妻が、三冠王に野球のアドバイスをするなんて。

また、アドバイスは技術面に留まらず、メンタル面にも。

スランプ中だった落合博満に対して「ボールに手を出さず、ストライクの球を打てば?」という具合にアドバイスをしたところ、落合博満は見事にスランプを脱出したそうです。

当たり前のことを言われたように感じますが、シンプルな発想が悩める三冠王を変えたようですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

落合博満と嫁・落合信子さんとの馴れ初めから、落合信子伝説についてお伝えしました。

ある意味、落合信子さんは野球界の常識を変えた「伝説の妻」とでも言えなくもないですよね^^

一時期はタレントとしても精力的に活動をしていましたし、スポットライトを浴び続けた「プロ野球選手の妻」でした。

もし、落合博満が落合信子さんと結婚していなかったら、ここまでの成績を収めることはできなかったのかも?

・・・と思わされるような存在だなーと私は感じました。

スポンサーリンク