この記事では、落合博満さんの成績(年度別)や、当時の伝説等についてお伝えしています。

落合博満さんといえば、日本を代表する元プロ野球選手ですよね。

現在、落合博満さんは中日ドラゴンズのゼネラルマネージャーとして活動しています。

この記事をお読み頂くことで、

・落合博満さんの驚異的な成績(年度別&通算&獲得タイトル)

・伝説的な打撃成績を残したバッティングフォーム

・天才過ぎる数々の伝説

・天才打者・落合博満にふりかかった運命のいたずら

 

等について知ることができます。

落合博満さんの現役時代・・・特に全盛期の活躍を知らない世代も多いかと思います。

そんなあなたに是非しっていただきたい!落合博満さんのスゴさを!!!

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

落合博満の成績、年度別が凄すぎる…!

伝説の大打者・落合博満さんが残した、主な成績は下記の通りです。

 

通算成績は、打率311、打点1564、本塁打510。

通算成績で見ると、打率は歴代7位、打点は歴代5位、本塁打は歴代6位。

主な獲得タイトルは、首位打者5回、打点王5回、本塁打王5回。

そして3冠王3回です。

この3冠王3回という記録は、世界のホームラン王・王貞治さんでさえも成しえることのできなかった大記録です。

チェックポイント!
天才打者・落合博満は、数々のタイトルを獲得しており「3冠王3回」は、あの王貞治さんを凌ぐ記録。

 

この記録に並ぶ選手が、今後誕生するのでしょうか?あまりにも飛び抜けた成績の為、想像できません。

時代は昭和→平成→令和と移り変わってきましたが、その気配はなかなか・・・。

スポンサーリンク

驚異的な成績を残した、落合博満独特のバッティングフォーム・神主打法とは?

数々の輝かしい成績を収めてきた落合博満さんですが、そのバッティングフォームは癖が強かった!?

落合博満さんのバッティングフォームは「神主打法」と呼ばれるものでした。

落合博満さん以外にも神主打法の選手はいたのですが、神主打法=落合博満!と言われるくらい、彼を象徴するものだったようです。

 

さて、そのバッティングフォームですが、「神主がお祓いするかの様な打撃フォーム」であることが名前の由来であり、バットを体の正面や横でゆったりとリラックスして構え、スイングの瞬間に全身の筋肉を動かしてバッティングする!というものです。

この神主打法ですが、バットコントロールがとても難しいとされてはいますが、長打が望めるという大きなメリットがあります。

巧みなバットコントロールがあったからこそ、落合博満さんは神主打法を用いていたんですね。

神主打法に関しては、以下の記事で詳しく書いています!

ちなみにこの理論は、ボクシングやゴルフなどの他のスポーツでも導入されています。

落合博満さん曰く「子供はマネをしないように…フォームの基礎を崩してしまうぞ」とのことです。

 

神主打法で数々の大記録を叩き出した落合博満さんでしたが、その凄さは記録だけにとどまりませんでした。

何と・・・試合以外でも伝説的なエピソードがあるんです。

次のページに進み、伝説に触れて下さい…!

スポンサーリンク