日本球界を代表するスーパースター・松井秀喜さん。

引退後の現在、どのような生活をされているのでしょうか?

今回は、松井秀喜さんの現在の仕事や住まい、そして気になる現在の収入についてお伝え致します。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

松井秀喜・現在の仕事は?

松井秀喜さんの現在の肩書は「ヤンキースGM付き特別アドバイザー」となっています。

2015年3月に1年契約で就任しましたが、現在でも契約を延長しているようです。

ヤンキースは松井秀喜さんの能力や人柄を高く評価しているようです。

ヤンキースGM付き特別アドバイザーのお仕事

マイナー選手を見て回ってアドバイスしたりしながら、それらの情報をGMに伝えるという仕事です。

コーチとして実践しながら、首脳陣のように選手全体を見渡し、人事権を持つフロントとして情報を伝える、恐ろしくチームに深くかかわる仕事で責任重大です。

それだけにやりがいもあるでしょう。

こんな仕事はやろうと思ってできるものではないので松井秀喜さんはラッキーと言えるでしょう。

本人も今の仕事を楽しんでいるようです。

コーチからフロントまで、将来どんな仕事に付いても必ず生きてきます

 

チームはドラフトで毎年数十人を獲得しますから同時に数十人放出しなければなりません。

こういう時に実際にGMからどの選手を残してどの選手を切るか、参考意見を求められることもあるようです。

日頃から選手全体を把握していないと意見など言えませんし、ましてや松井秀喜さんですから選手個人の人生がかかっていることは百も承知です。

いい加減な発言をするわけがありません。

相当真剣にこの仕事に取り組んでいるはずです。

タッチ
ダイヤのA
巨人の星

など、野球好き必見のアニメが多数!

お得に観る方法としてオススメなのがU―NEXTです!

お申込みは↓をクリック【公式サイトへ】


当然こんな仕事を任せてもらえた日本人は松井秀喜さんが初めてです。

コーチ一つとってみても、実績のある人とよく知らない人が同じことを言っても説得力が違います。

ヤンキースの若い選手にとってワールドシリーズMVPの選手というだけで説得力ありまくりです。

さらに松井秀喜さんは人格者でも知られていますから、尊敬できると感じれば選手たちも積極的に話を聞いてくれるでしょう。

 

選手時代からチームの勝ちを優先するプレースタイルで周りの信頼を得てきた松井秀喜さんです。

こういう人がこのようなポジションにいることはとても重要です。

江戸幕府で言えば老中クラスのポジションですから、こういう人はいくらでも自分中心に回すことができてしまいます。

ここに私欲や我の強い人がいるか、組織のために働ける人がいるかで全く違った未来になるわけですからこれからのヤンキースは近い将来強くなるのではないかと思います。

実際有望な若手が頭角を現してきています。

もちろん一人の力には限界もありますが楽しみに見守りましょう。

NPO法人代表理事

2015年にNPO法人「松井55ベースボールファウンデーション」を立ち上げ、代表理事を務めています。

野球界やファンに恩返しするために野球教室や野球道具の寄付などの活動を行なっています。

収入はありませんが立派な仕事です

 

ここの理事を務めているロヘリオ・カーロンさんは松井秀喜選手のメジャー時代の10年間、専属通訳として松井秀喜選手と常に行動を共にしていました。

最初はヤンキースに雇われていましたが、松井秀喜選手がヤンキースをFAになると松井選手と共にヤンキースをやめて専属通訳を続けました。

松井秀喜さんはそれなりに英語が話せるようになった後でも大事なインタビューでは英語での受け答えはしませんでした。

それだけ良好で強い信頼関係が築かれていたということですね。

スポンサーリンク

松井秀喜・現在の住まいは?

松井秀喜さんの現在の住まいは2009年に1050万ドル(約10億円)で購入したマンハッタンにある「ヘリテイジ・アット・トランププレイス」というマンションの最上階にあるペントハウスです。

そこに家族4人で暮らしていると言います。

10億円のマンションなんて一般人には夢のようですが、松井秀喜さんにとってはメジャーでの年俸1年分にも及びません

まさにアメリカンドリームと言ったところでしょうか。

ゴジラの住まいにしては小さいのかもしれませんが、世界が違い過ぎて私のような凡人には想像もつきません。

松井秀喜さんは家族の情報をほとんど出していないのでどんな住まいでどんな生活をしているのかわかりません。

日本だと有名すぎてすぐに騒がれてしまうでしょうから、ニューヨークの方が過ごしやすいようです。

スポンサーリンク

松井秀喜・現在の収入は?

現在の「ヤンキースGM付き特別アドバイザー」という仕事でどれくらいの収入があるのか、公表はされていませんがおおよそ4~5千万円と言われています。

その他に引退した今でも毎年CMに出演しています。

松井秀喜さんはCM好感度が非常に高いですから、一般的なギャラの相場ではトップクラスのCM1本1億円以上と予想されます。

つまり今でも億単位の収入があるであろうことは想像に難くありません。

生涯年俸100億円超え

現役時代の推定年俸はNPBで22億円以上、メジャーでは80億円以上ですから生涯年俸は100億円を超えています。

松井選手は現役時代それだけの活躍をしましたし、チームに影響も与えました。

ヤンキースで契約更改するときに当時のトーリ監督は

「世界中の金を集めてでもヤンキースは松井と契約すべきだ」

と発言しています。

これは松井選手の野球に対する真摯な姿勢や人間性、そしてチームに対する影響力の大きさを高く評価してのことです。

他にも稼いでいる

その他CMだけでも数十億円以上稼いでいます。

よく話題になるメジャーの年金ですが、支給開始は60歳くらいからです。

45歳からもらうこともできますがその場合は減額支給となります。

松井秀喜さんは今現在そこまでお金に困っていないでしょうから、まだ支給はされていないと思います。

スポンサーリンク

松井秀喜、現在の仕事は?住まいは?深堀調査してみた:まとめ

松井秀喜さんの現在のお仕事、住まい、収入について考察してきました。

 

日本では巨人の監督待望論もありますが、現在は指導者、フロントとしての経験を積んでいるところと言えます。

その経験の積み方がヤンキースのGM付き特別アドバイザーというのはなかなか他の人にはマネできませんから長い野球の歴史の中でも非常に貴重な経験を積んでいると言えるでしょう。

 

その経験がいつの日か日本の野球界に還元されることがあるなら、これほど楽しみな事はないと思います。

松井秀喜さんのこれからにますます注目です。

 

野球犬

最後までお読み頂き、有難うございました!

下記の【あわせて読みたい記事】に関連記事があります。

ぜひ読んでみて下さい!

スポンサーリンク