この記事では、阪神タイガース・藤浪晋太郎投手の投球フォームについて伝えしています。

プロ入り前から藤浪晋太郎投手は『インステップ』で投球していました。

しかしプロ野球会では、インステップに否定的な意見もあるようですが・・・。

 

この記事をお読み頂くことで、

・藤浪晋太郎投手がやっている「インステップ」について

・藤浪晋太郎投手本人の、投球フォームに対する考え

・メジャーリーグでこの投球フォームは使われている?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

藤浪晋太郎でお馴染み?のインステップとは

インステップとは、投球動作の中で上げた足をクロスして踏み出すことを言います。

投球のステップの種類として他に、ホームベースに向かってまっすぐに踏み出すストレートステップアウトステップがあります。

アウトステップとは、右投げの投手であれば、左足を踏み出す時に大きく一塁側にステップすることです。

ホームベースに向かってまっすぐに投げるストレートステップが投球の基本とされています。

つまり、インステップもアウトステップも理想的な投球動作とは言えません。

 

インステップで投げると投球が窮屈になり、体への負担が大きくなります。

そして、アウトステップでは上体が開いてしまい、ボールが打者に見やすくなるというデメリットがあります。

インステップ、アウトステップのどちらの場合も十分にボールに力が伝わらない上、コントロールも定まりにくくなると言われています。

そのため、プロ、アマにかかわらず投手にインステップ、またはアウトステップを矯正することをコーチが勧めたり、投手が自ら矯正しようとしたりするそうです。

 

藤浪晋太郎投手も2013年の秋季キャンプから当時の投手コーチであった中西投手コーチに指導を受け、インステップの矯正に取り組んだと言います。

藤浪晋太郎投手がインステップを矯正した理由は、故障するリスクを軽減するためと、苦手だった左打者への対策のためでした。

しかし、それが原因で藤浪晋太郎投手の投球の持ち味がなくなり、コントロールの乱れにもつながったと言うプロ野球OBの野球解説者もいます。

もしそうであれば、インステップを矯正しなかった方が良かったのかもしれません。

故障のリスクは怖いですが、インステップを直したために以前のピッチングができなくなったのであれば、矯正が正しかったのが疑問に思います。

スポンサーリンク

藤浪晋太郎のインステップに対する考え

藤浪晋太郎投手自身はインステップについてどう考えているのでしょうか。

2018年のシーズンの初めに受けた取材の中で、藤浪晋太郎投手はインステップ自体は悪いものではないと語っています。

 

入団当初は大きくクロスし過ぎていた為、体への負担を考えインステップの修正に踏み切ったそうです。

しかし、藤浪晋太郎投手はインステップで投げたほうが打者にとってボールが見にくく、ボールに力が入りやすいと言っています。

そのインタビュー記事によると、藤浪投手はインステップよりむしろ投球動作の中での間やリリースなどに関して改善したいと話していました。

インステップを矯正した藤浪投手ですが、少しインステップすることに関してはむしろいいイメージを持っているようです。

スポンサーリンク