この記事では、藤浪晋太郎投手と大谷翔平選手の仲良し振りについてお伝えしています。

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手と、メジャーリーガーの大谷翔平選手。

同い年である二人が仲良しなのはご存じですか?

 

かつては侍ジャパンのユニフォームを着て共に戦ったこともありました。

ここ最近の二人を比べてみると、随分と差が付いてしまった感はありますが…。

 

この記事をお読み頂くことで、

・二人の仲良し振りが微笑ましい(^O^)

・ライバル関係だったのに…なぜ大きな差が?

・同世代には凄い人が沢山いる!

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

藤浪晋太郎&大谷翔平の仲良しっぷり

藤浪晋太郎投手は1994年生まれで大阪出身、大谷翔平選手も同じく1994年生まれで、岩手県の出身です。

同級生の二人が初めて対戦したのは、2012年の春の高校野球の甲子園でのこと。

藤浪晋太郎投手を擁する大阪桐蔭高校と大谷翔平選手の花巻東高校の対戦で、大谷選手は藤浪投手からホームランを打つ活躍を見せました。

この時に初めてマスコミによって引き合わされたと、後に大谷翔平選手がテレビ番組で語っています。

 

高校時代から注目されていた藤浪晋太郎投手と大谷翔平選手はライバル関係ということでよく比較され、度々テレビで共演することもありました。

ライバルとして比較される両者はお互いをライバル視しているのかというとそうでもないようで、実は藤浪晋太郎投手と大谷翔平選手はプライベートでは仲良しなのだとか。

 

その仲良しな二人の姿は度々目撃されており、二人で一緒にスポーツジムに行ってトレーニングをしたり、大谷翔平選手が日ハムにいた頃には交流戦やオープン戦の後に、二人で一緒にご飯に行ったりしていたと言います。

また、藤浪晋太郎投手と大谷翔平選手はLINEでもやり取りするほど仲良しなようです。

スポンサーリンク

なぜ差が付いた?藤浪晋太郎と大谷翔平

大谷翔平選手は2017年にアメリカのメジャーリーグチームであるロサンゼルス・エンゼルスに入団し、今や全米で注目される野球選手に成長しました。

一方、藤浪晋太郎投手はプロ入り後の華々しい活躍から一転、ここ数年はなかなか思うような結果を残せていません。

 

プライベートでは仲良しだという藤浪晋太郎投手、大谷翔平選手はどちらも高校時代から将来を有望視された選手でした。

岩手県の花巻東高校時代の大谷翔平選手は、高校生の頃からピッチャーとして球速160km/hを記録し、その上強打者としても注目される存在に。

藤浪晋太郎投手もまた「浪速のダルビッシュ」と呼ばれるほどの実力を持った投手として周囲から注目されていました。

高校野球での二人の活躍を比べてみると、やはり甲子園で春夏連覇を果たした藤浪投手の方が実績が上と言えるでしょう。

 

しかし、プロ入り後の成績はというと、2013年のルーキーイヤーこそ藤浪投手が10勝、大谷選手が3勝と、藤浪投手が上回りましたが、4年目の2016年は大谷選手が10勝したのに対し、藤浪投手は7勝にとどまりました。

さらに大谷選手は北海道日本ハムファイターズ時代の5年間で最多勝利、最優秀防御率、最高勝率のタイトルを獲得し、ベストナインや最優秀選手にも選ばれています。

それに加え、打者としても、長打力を発揮し2016年のチームの優勝にも大きく貢献するなど、高く評価されています。

 

同じように長身の恵まれた体格を持ち、同じように将来を嘱望された藤浪晋太郎投手と大谷翔平選手ですが、どこに違いがあったのでしょうか。

藤浪晋太郎投手の最近の不調は、イップスが原因だとか単なる技術不足によるものだとか様々な見解がプロ野球解説者からでています。

 

大谷翔平選手は若手選手の育成に定評がある日ハムでしっかりと実力をつけ、メジャーで十分に通用する選手へと成長しました。

もしかしたら、その違いが出た要因は球団の育成方法や練習量の違いかもしれません。

あるスポーツ紙の記事によると、藤浪投手が活躍していた頃から阪神の先輩である能見篤史投手は、その未来を危惧していたと言います。

その記事は、藤浪投手は早くに結果を残した為にベテランのような待遇を受け練習が十分にできていないのでないかと内容でした。

また阪神タイガースは打撃力に難があり、先発投手がいくら良いピッチングをしたとしてもなかなか勝ちがつかないということがあります。

そういったチーム事情も選手の成長に影響しているのかもしれません。

 

両選手とも速球を投げる投手ですが、大谷翔平選手は二刀流として打者としても活躍しており、単純には比べることはできません。

しかし…もし藤浪投手も日ハムに入っていれば・・・今の成績は違うものだったのかもしれないと考えると、阪神ファンとしては少し悲しい気もします。

スポンサーリンク