この記事では、斎藤佑樹投手が『引退しろ!』等と言われる理由についてお伝え致します。

年を重ねるごとに、斎藤佑樹投手に対する声が厳しくなっています。

ファンからは『引退しろ!』という残酷なヤジが飛んでくることもあるようです。

当然ながら、ネット上でも斎藤佑樹投手に対しての評価は辛口みたいですね。

 

この記事をお読み頂くことで、

・斎藤佑樹投手に対する評価(ネットの声)

・なぜファンの声が厳しくなったのか?

・もし引退した場合、恐らくは・・・。

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

「引退しろ!」と言われることも…斎藤佑樹に対するネット上の評価

斎藤佑樹投手というワードを検索するとまず「ハンカチ王子」という名称が出てきます。

マウンド上で汗をハンカチでぬぐう姿からこのようなあだ名がつけられ、そのブームは日本中で巻き起こり、斎藤佑樹投手が使用していた同じモデルのハンカチは即完売するという異常事態も起きました。

そう、彼は間違えなくスターだったと言えます。

しかし現在の評価は大変厳しく、成績に伴わない発言や練習態度の悪さなど、悪い意味でネット上を賑わしているようです。

 

成績の不調に併せて、以下のコメントにより斎藤佑樹投手の評価はガタ落ちとなってしまった・・・と言うのが私個人の意見です。

これはあるテレビ番組の取材中に言ってしまったコメントです。

 

「カイエン乗りてぇ。青山ってすげえおしゃれだと思うんですけど結構縁あるじゃないですか。青山に土地買うのってやばいっすか?うわぁ頑張ろう、ビックになろう」

 

この後、彼は調子を落とし登録抹消され二軍落ちとなっています。

そのコメントと斎藤選手の二軍落ちの姿を踏まえて「カイエン青山」とあだ名をつけられ馬鹿にされてしまう始末。

しかし私は彼が自分自身のモチベーションを上げるための発言だったと思います。

プロ野球は夢のある仕事でなければならない。

彼の一部の発言を取り上げ馬鹿にするにはまだ少し早い気がします。

間違えなく彼は2006年の甲子園で一番輝いていたし、なによりまだ現役で頑張っているのですから。

スポンサーリンク

斎藤佑樹は『引退しろ!』って本当に言われている?

 

ここ数年斎藤佑樹投手の引退の噂が囁かれています。

2010年4球団からドラフト1位指名をうけ、競合の末日本ハムファイターズに入団。

入団一年目は規定投球回に届かなかったものの、6勝6敗、防御率2.69の成績を残しまずまずのプロ生活のスタートを切りましたが、その後不振に陥り一軍と二軍を行ったり来たりの生活を送る事になりました。

彼の同年代には、かつての甲子園のライバル田中将大投手、坂本勇人内野手、前田健太投手など名だたる選手たちが輝かしい成績を残すなか、斎藤佑樹投手のプロ生活8年間の通算成績は77試合に登板して通算15勝24敗、防御率4.32。

正直、同年代の選手とかなり差をつけられています。

2018年6月12日札幌ドームで一軍の先発マウンドに立つが、4回を投げ8安打7得点の大炎上。

この投球により多くのファンから「引退しろ」と厳しい声が上がりました。

 

斎藤佑樹投手は現在31歳。

この年齢は多くの選手がキャリアハイを迎える年であり、プロ野球選手として本当に正念場を迎えたと言えます。

今年成績が振るわなかったら引退もあり得るかもしれませんね。

スポンサーリンク