この記事では、藤浪晋太郎投手の身長に関する内容をお伝えしています。

性別関係なく、身長が高くなりたい…という願望をお持ちの方は多いと思います。

が、しかし!

藤浪晋太郎投手は自身の高身長にコンプレックスを感じているという情報がありました。

 

この記事をお読み頂くことで、

・藤浪晋太郎投手の身長について

・体重は見た目に反して…?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

藤浪晋太郎の身長(公式)は?

藤浪晋太郎投手の身長は197cmで、阪神タイガースで最も長身であるメッセンジャー投手の198cmに次いでチームで2番目の長身です。

阪神タイガースには、ドリス投手やガルシア投手といった外国人投手の他に望月惇志投手や才木浩人投手など190cm近い日本人選手も多く、最近では長身のプロ野球選手が増えてきました。

 

しかし、その中でも2m近い長身の藤浪晋太郎投手は、他の選手に混じると頭一つ飛び抜けています。

そんな藤浪晋太郎投手は小学生の頃に野球を始めたそうですが、少年野球をしていた子供の頃から長身だったと言います。

中学に入学する頃にはすでに180cmを超えており、中学を卒業する頃にはなんと190cmをオーバーする長身だったそうです。

スポーツをする場合、競馬を除いて長身の方が有利になる場合がほとんどです。

背が低いことがコンプレックスで、スポーツのプロを目指すのを諦めたと言う話もよく聞きます。

プロ野球の世界でも、長身のピッチャーの投球は角度がつき打ちづらく、体が大きいピッチャーの方がパワーがあり、速球が投げやすいと言います。

 

必ずしも長身のピッチャーが活躍するとは限らないので、長身のピッチャーが有利だとは一概には言えませんが、長身であることをピッチングに生かせれば大きなメリットになるはずです。

このように考えると、長身であることはピッチャーにとってとても良いことのように見えます。

しかし、藤浪晋太郎投手は長身をコンプレックスに感じていると言います。

 

藤浪晋太郎投手の長身へのコンプレックスがうかがえるエピソードがあります。

それは、2015年に東スポから取材を受けた時のことです。

藤浪晋太郎投手はチームの公式サイト等の自らのプロフィール欄で身長が198㎝とされていることについて不満を漏らしたと言います。

 

藤浪晋太郎投手が阪神タイガースに入団した頃は197cmと発表されていた身長が、その後1cmプラスされて記載されており、そのことに藤浪投手は怒りをあらわにしたと言うのです。

藤浪投手は1cmの誤差も許せないほど、長身にコンプレックスがあるのでしょう。

背が低いことをコンプレックスに思っている野球選手には羨ましい話に聞こえますが、やはり長身すぎるのもコンプレックスになるのかもしれません。

スポンサーリンク