この記事では、阪神タイガース・藤浪晋太郎投手の年俸について詳しくお伝えしています。

年俸推移と併せて成績の推移を見てみると、藤浪晋太郎投手の近年の状態が『分かりやすっっっ!』と感じるかと思います。

ファンとしては、V字回復を期待したいところですね。

 

この記事をお読み頂くことで、

・藤浪晋太郎投手の年俸推移&成績の推移

・下降気味…でもやはり『モノ』は素晴らしい

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

藤浪晋太郎の年俸推移

阪神タイガースへの入団から3年間二桁勝利をあげ、勝利数を順調に伸ばした藤浪晋太郎投手は、14勝を記録した2015年オフに1億7,000万円の年俸で契約を公開しました。

藤浪晋太郎投手のこの年俸は当時入団から4年目の選手として、阪神タイガースの球団史上で最高額でした。

阪神タイガースとしては、このような年俸推移をたどった選手は稀な存在と言えるでしょう。

 

しかし、1億円プレーヤーになった藤浪晋太郎投手は2016年以降勝利数が1ケタ代と成績が振るわず、それに伴って年俸も徐々に下がりました。

藤浪晋太郎投手の年俸推移は、2016年をピークに下がっています。

その後の年俸推移を見ていくと、成績があまり思わしくないにも関わらず球団の期待からか、2018年までは1億円での契約が続いていましたが、ついに2019年度の年俸は1億を切る8400万円と大幅にダウンしました。

入団から伸びつつけた藤浪晋太郎投手の年俸推移でしたが、ここ数年の年俸推移は下がる一方という現状です。

スポンサーリンク

続きまして、藤浪晋太郎の成績推移を

藤浪晋太郎投手は大阪桐蔭高校から高卒で阪神タイガースへ入団し、2013年のルーキーイヤーから3年連続で二桁勝利をあげました。

特に2015年の、藤浪晋太郎投手の入団3年目の成績は目覚ましく、14勝、そして200奪三振を超えを記録し、最多奪三振のタイトルにも輝く活躍を見せていました。

その成績が評価された藤浪晋太郎投手は侍ジャパンにも選ばれ、2017年にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の1次ラウンドで中国戦に出場し、藤浪晋太郎投手は球界を代表する投手として期待されていたのです。

 

しかし、ここ数年間の藤浪晋太郎投手は制球が定まらなくなり、四死球で出してしまったランナーで失点を重ねてしまっています。

それが成績にも反映され、2018年度は防御率が5点代にまで低下してしまいました。

スポンサーリンク