この記事では、大谷翔平選手のアメリカでの人気についてお伝えしています。

2018年に、アメリカに渡って以降、大活躍を見せ続けている大谷翔平選手。

メジャーリーグで新人王に輝いたその姿は、私たち日本人にとって誇らしいものでしたね。

日本では連日、大谷翔平に関するニュースが流れていましたが、アメリカの反応はどうなのでしょうか?

アメリカでも大谷翔平は人気者なのでしょうか?

 

この記事をお読み頂くことで、

・大谷翔平選手はアメリカでも注目の的!

・本場アメリカ人の評価は・・・。

・真のスーパースターになる為には?

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

大谷翔平、アメリカ人気の証し!

大谷翔平選手がアメリカにわたる際、「ベーブ・ルースの再来」とまで評され、大谷翔平選手が入団したロサンゼルス・エンゼルスの本拠地である地元カルフォルニア州の野球ファンは驚きの反応を示してくれました。

実はアメリカの野球記者たちは、当初はヤンキースやレッドソックスなど東海岸の名門球団、日本や日本ハム球団と繋がりが深いマリナーズやパドレスが移籍先として本命だと見られていました。

 

そんなアメリカの野球記者の予想を裏切り、エンゼルスファンの喜びの反応が隠し切れない中、カリフォルニア州の地元紙で、大谷翔平選手の特集を一面で組むことになり、二刀流のセンセーションと共に「ショウタイム」というニックネームが生まれ、アメリカの野球ファンはこのニックネームに好意的な反応を示してくれました。

この「二刀流」が大谷翔平選手をベーブ・ルースの再来と言わしめ、カルフォルニア州のエンゼルスファンは大谷フィーバーに沸き、「ショウタイム」のあだ名にアメリカの野球ファンが反応するようになったのです。

またアメリカで販売されている2018年のルーキーイヤーの大谷翔平選手の直筆サイン入りのメジャーリーグカードがオークションで15万3380ドル、(約1717万円)の高値で落札され、アメリカの野球ファンや記者の間でも大変驚きの反応をしていました。

こういったグッズの値段には、露骨に人気や注目度が繁栄されますねwww

この事からも大谷翔平選手が日本のみならず、アメリカの野球ファンの間でも人気が高まり、大谷翔平選手のプレーに反応するようになりました。

スポンサーリンク

大谷翔平←アメリカの反応は?

野球ファンならご存じかと思いますが、大谷翔平選手は2018年アメリカのメジャーリーグで新人王を獲得しました。

2001年のイチロー選手に次ぐ快挙です。

この事について日本では「アメリカ全土が熱狂」などとメディアで取り上げられましたが、実はアメリカでは日本ほどは熱狂的な反応はしていないのです。

 

日本のメディアが大谷翔平選手に注目し、反応ているのは、彼が24歳の若さでアメリカに渡りメジャーリーグへ挑戦しているからであって、全アメリカでも同じだけ盛り上がっている反応をしていると考えるにはすこし難しい部分があります。

日本のプロ野球に当てはめてみても、同じように新人王を取った選手が、野球ファン以外にまで反応されることはないでしょう。

 

そしてアメリカでは日本のプロ野球に比べると、人気がないことが、日本に比べるとアメリカでの反応の薄さの原因だと考えられます。

日本では甲子園が全国民に認知され、毎年感動を呼んでいますが、スポーツ大国のアメリカでは野球の他にアメリカンフットボールやバスケットボールなどメジャーリーグと一緒か、それ以上に人気のあるスポーツがあります。

 

それゆえアメリカのメディアでは野球以外のスポーツに時間をとる事が必然的に多くなり、バスケットボールやアメリカンフットボールのスター選手のプレーに反応しているのです。

日本の野球ファンとしては寂しい限りですが、大谷翔平選手が日本ほど熱狂的な反応とまで行かない原因だと考えられます。

スポンサーリンク