大谷翔平、走力までも超人レベルのようです。

この記事では、大谷翔平選手の走力について詳しくお伝えしています。

投打に渡る活躍を我々に見せてくれる大谷翔平選手。

二刀流の印象が余りに強すぎる為か、若干蔭に隠れてしまっていることがあります。

それはズバリ『走力』です!

いかに走力が優れているか?に注目してみました。

 

この記事をお読み頂くことで、

・大谷翔平の走力が如何に優れているか?

・アメリカで評価が高かったのは走力だった。

・なぜ走力まで凄いのか?

 

等について知ることができます。

[char no=3 char=”野球犬”]ぜひ最後までお付き合い下さい![/char]

スポンサーリンク

大谷翔平の走力の凄さ!

豪快なホームランと豪速球のイメージがある大谷翔平選手ですが、走力でもメジャーリーグトップクラスの能力を持っていることはご存じでしょうか。

その足の速さは、なんと一塁到達までわずか3.80秒で到達し、時速に直すと約32.7キロ。

本塁から一塁までの距離は27.4mであり、このスピードは相手側の守備陣に大きなプレッシャーになっていることは間違いありません。

 

そして何より注目したいのがベースランニングのスピードで、2018年に三塁打を放った際に記録された大谷翔平選手の三塁までの到達スピードは時速31.05キロ。

メジャーリーグでも屈指の走力をもっていたイチロー選手の三塁到達までのスピードが30.05キロなので、実は大谷翔平選手のほうが足が速いのです。

 

大谷翔平選手は走力はもちろん高いのですが、ベースランニングにはスピードを落とさず次のベースに到達する走塁技術も必要なので、走力だけでなく高い技術も併せ持っていると考えられます。

これからはその走力を活かし、積極的に次のベースを狙う走塁技術にも注目して頂きたいです。

スポンサーリンク

大谷翔平、実は渡米前は走力に注目されていた?

大谷翔平選手がメジャー移籍前にもっとも評価されていたのは実は足の速さだったと言うことをご存じでしょうか。

あるメジャーのスカウトに彼のもっとも優れた点を問うと「スピード」と答えが返ってきたとのことです。

これはボールのスピードのことではなく、足の速さでした。

 

大谷翔平選手が日本で投手としてマウンドの上がった際、一塁へのベースカバーの機会があり相手打者との競争になるのですが、ベースカバーがかなり遅れたにも関わらず大谷翔平選手は相手打者との競争に勝ってアウトにしてしまったのです。

相手打者が俊足だったにも関わらず、この様な走力を活かしたプレーでメジャーのスカウトを驚かせました。

 

この試合をみてメジャースカウトは大谷翔平選手の走力の高さに大変魅力を感じ、足の速さに最高の評価をしました。

また日本ハム時代に打者として2013年から2017年の通算成績に注目してみました。

二塁打を合計70本、三塁打を合計4本放っており、走力の高さを裏付けるには十分な数字だと思われます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました