この記事では、イチローさんが国民栄誉賞を辞退する理由は何なのか?についてお伝えしています。

我々日本人にとって、国民栄誉賞を受賞するということは非常に名誉なことだと思います。

ですが、イチローさんはなぜか辞退されています。

それも三度も!

国民栄誉賞を固辞する理由は一体・・・?

 

この記事をお読み頂くことで、

・なぜイチローさんは国民栄誉賞を辞退し続けるのか?

・辞退した時のコメント

・国民栄誉賞を辞退した人は、イチローさんだけでなかった。

 

等について知ることができます。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

イチローが国民栄誉賞を辞退する理由はこれでは?

メジャーリーグで19シーズンに渡って活躍し、東京ドームでの公式戦出場後に引退を表明したイチローさん。

メジャーリーグでは、年間最多安打記録(262本)の樹立、10年連続200本安打、通算3000本安打、500盗塁など、数々の輝かしい記録を残されています。

そして、引退表明後に日本政府により長年活躍した実績を評価され、国民栄誉賞の授与が検討されていました。

 

しかし、イチローさんは国民栄誉賞の授与を辞退すると代理人を通じて日本政府に伝えました。

では、イチローさんはなぜ国民栄誉賞の授与を辞退したのでしょうか?

授与を辞退する際、イチローさんは国民栄誉賞を「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」というコメントを残しています。

イチローさんは今後、アマチュアの指導者など、何らかの形で野球に関わっていくと推測されます。

 

また、イチローさんは今まで、「モチベーションが低下する」という理由で国民栄誉賞授与を辞退されたことがあります。

このことから、イチローさんは、まだまだ野球人生は続いていくのにも関わらず、国民栄誉賞を授与されてしまえば、今後のモチベーションに影響すると考えたのだと思われます。

スポンサーリンク

国民栄誉賞を辞退した時のイチローのコメントは?

 イチローさんへの国民栄誉賞授与が検討され、辞退されたのは今回で3度目となっています。

なぜ今まで辞退したのか、1度目と2度目の国民栄誉賞辞退時のコメントを紹介いたします。

 

1度目は、イチローさんがメジャーリーグ移籍1年目に首位打者と盗塁王を獲得し、シアトル・マリナーズのプレーオフ進出に貢献した結果、新人王とMVPを受賞した2001年です。

このとき、イチローさんは「まだ現役で発展途上の選手なので、もし賞をいただけるのなら現役を引退した時にいただきたい」というコメントを残しています。

 

2度目は、イチローさんがジョージ・シスラーさんの持つ年間最多安打記録(257本)を84年ぶりに更新する262安打を記録した2004年です。

このとき、イチローさんは「今の段階で国家から表彰を受けると、モチベーションが低下する」というコメントを残しています。

 

どちらもときも、イチローさんは現役の野球選手である自身が国民栄誉賞を授与するにはまだ早いと考えたため、辞退したのだと思われます。

スポンサーリンク