柳田悠岐の子供の頃について徹底調査した結果、意外な事実が判明

柳田悠岐
スポンサーリンク

この記事では、柳田悠岐選手の子供の頃の選手としての特徴や大好きな球団が紹介されています。

 

柳田悠岐選手ほどのスーパーパワーヒッターならば

もちろん子供の頃も、身体が大きく、背の順に並んでも後ろの方だったんだろう…

 

という勝手な妄想であることが分かりました。

 

どうやら至って普通

ちょっとすばしっこいかな?程度です。

 

詳しくご紹介します。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

柳田悠岐は子供の頃から長距離砲だったのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

cocobanana(@cohana2424)がシェアした投稿

現在ソフトバンクホークスの顔にもなっている、柳田悠岐選手。

 

その破壊的なパワー

何度見ても「衝撃的」であり、意味の分からないほどよくボールを飛ばします。

 

それほどの長距離砲でありながら

守りもよし、走ってもよしと、もう何でもありって感じです。

 

さて、今回はそんな柳田悠岐選手の子供の頃について触れたいと思います。

 

柳田悠岐選手は広島県出身で

小学3年生の頃から野球を始めました。

 

通う小学校は広島市立大塚小学校。

もしも、自分が柳田悠岐選手の同級生なら、めちゃくちゃ鼻が高いですよね。

 

所属した野球チームが「西風五月が丘少年野球クラブ」

という軟式クラブチームで、野球を始めた当時は右打ちだったそうです。

 

その後6年生の頃に左打ちにスイッチしました。

 

プロ野球選手といえば

あれだけの才能を持った選手が競う場ですから、当然子供の頃もとんでもなかったはず…

 

と思いきや柳田悠岐選手に関しては、そうとも言えないそうです。

なにより「身体が細くて、すばしっこい」選手だったとのこと。

 

さらに1個下の学年の子供たちと同じくらい小さく

どれだけフルスイングしても、なかなか打球が飛ばない選手だったとか。

 

まったく今の柳田悠岐選手のイメージとは

似ても似つかない選手だったようですね。

 

すばしっこいというところを買われ

決まった打順とポジションは「1番ショート」。

 

何だかんだ言ってもやはり、才能はあったのでしょう。

守備力が必要とされるショートをやっていた、ということから、才能がうかがい知れます。

スポンサーリンク

柳田悠岐が子供の頃に憧れていた球団はもちろん

野球選手であれば

かなりの確率で、子供の頃から親しみのある球団があるものです。

 

大抵は地元の球団であり

例えばカープの鈴木誠也選手は、東京出身ということで巨人ファンであることは有名です。

 

さて、では柳田悠岐選手は

子供の頃どこの球団に憧れていたかというと…

 

そりゃ当然広島カープですよね。

 

何せ当時呼ばれていた「広島市民球場」に足しげく通い

カープを応援していたとのことです。

 

カープの応援名物といえば「スクワット応援」

もちろん柳田少年もこれに参加したとのことなので、熱烈なファン確定ですね。

 

自分のことを「カープ男子」と言い、ホークスの事は好きだが

あくまでもカープファンであり、ホークスファンにはならない、とまで言っています。

 

大抵野球をやっていると

自分の野球経験年数が長くなり「どこの球団のファン」という意識がなくなります。

 

しかしこれは柳田悠岐選手にはあてはまりません。

 

なぜなら広島経済大学の卒業論文のテーマは

「広島カープの経済効果」

 

子供の頃から貫いてきたカープファンを

大人になっても変えていないあたり、その本気度がうかがえますね。

スポンサーリンク

柳田悠岐が子供の頃から憧れだったあの選手と比較してみた

 

この投稿をInstagramで見る

 

minow(@pipi_ruru)がシェアした投稿

柳田悠岐選手が子供の頃から

広島カープファンであることは先述しました。

 

そのなかでも

野村謙二郎選手に憧れていたそうです。

 

野村謙二郎選手といえば

広島カープの中でもレジェンドに入る選手であり、そしてカープの監督も務めました。

 

走攻守そろった選手でしたので

まさに柳田悠岐選手とも姿が重なりますね。

 

では、その野村謙二郎選手と

柳田悠岐選手との成績を比べてみましょう。

 

子供の頃からの憧れの選手に

肩を並べる、またはそれを超える、というのは野球選手冥利に尽きる者ではないでしょうか。

(ご紹介するのは、生涯最高成績です)

 

野村謙二郎選手:打率.315、本塁打32、打点75、盗塁37、三振83

柳田悠岐選手:打率.363、本塁打36、打点102、盗塁33、三振131

 

全体的に打者としての成績は

柳田悠岐選手に分があるようですね。

 

これはある程度予想できたことですが

調べていて一つ発見がありました。

 

それが三振数です。

 

柳田悠岐選手の三振数の最高数は

野村謙二郎選手よりはるかに多いです。

 

シーズンの違いはあるとはいえ、600打席近く立ったシーズンでは

柳田悠岐選手が100前後、野村謙二郎選手は60~80前後になります。

 

バットに当てることに関しては

野村謙二郎選手の方が能力は高いようですね。

 

もちろん柳田悠岐選手クラスの打者は

ピッチャーがかなり警戒して、厳しいコースをついてくると思いますが。

 

とはいえ、子供の頃から

憧れた選手を、このように成績で超えられることは、本当にうれしい事でしょう。

 

怪我をしてから

メジャーに行くという話もなくなり、どうやら生涯ホークスのような印象もあります。

 

その一方で

子供の頃から憧れのカープに移籍、なんて噂もいまだにあります。

 

どちらにしろ、日本のプロ野球での活躍が今後も見られそうです。

より高みを目指して、三振数も含めて最高の成績を今後出してほしいですね。

スポンサーリンク

柳田悠岐の子供の頃について徹底調査した結果、意外な事実が判明:まとめ

柳田悠岐選手は子供の頃に西風五月が丘少年野球クラブに入団し、野球選手としての道を歩み始めました。最初は身体も細く、今のホームランバッターのイメージはなかったそうです。
柳田悠岐選手は広島出身なので、子供の頃からの憧れの球団はもちろん広島カープです。ホークスのことは好きだけど、ホークスファンになる気はなく、カープファンを貫き通そうとしています。
柳田悠岐選手の憧れの選手は、野村謙二郎選手です。子供の頃からの憧れの選手以上の成績を出していますが、三振数については、まだまだ課題がありそうです。

以上の内容でお送りしました。

 

柳田悠岐選手のようなスーパーパワーヒッターでも、子供の頃から身体が細い、ということに、衝撃を受けました。

今現在身体が細く、パワーがなくて困っている野球少年にとって、この話はうれしい事実でしょう。

今後の活躍に期待したいですね。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました