鈴木誠也の凄さを、徹底的に考察してみた結果がこれ!

現役の野球選手
スポンサーリンク

この記事では鈴木誠也選手の凄さを、身体能力・打撃力・ポジション適応能力の3観点からご紹介しています。

 

鈴木誠也選手の凄さは

野球のすべてにおいて出ています。

 

今回はとくに身体能力打撃力

そしてポジション適応能力で、鈴木誠也選手の凄さを見てみました。

 

というか、もう一言でいうと

鈴木誠也選手の「野球のセンス」ですよね。

 

センス◎なんて話ではないくらいの結果でした。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

鈴木誠也の凄さを支える身体能力

 

この投稿をInstagramで見る

 

せいたかのっぽ💝(@seitaka137)がシェアした投稿

プロ野球選手、アスリートなので

身体能力が高いことは当然とも言えます。

 

しかし野球をやる上でよく言われるのが

走る・投げる・捕る・打つの四つの分野において、優れなければなりません。

 

もちろんどの能力も

トップクラスに高ければ良いのですが、それはなかなか難しい話。

 

とは言っても、どれも高い能力を誇るのが

鈴木誠也選手で、その凄さは成績をみても分かります。

 

2016年から2021年まで6年連続シーズン25本塁打以上を放ち

これと同時に打率も6年連続3割を超えています。

 

盗塁もシーズン最高25盗塁決めたこともありました。

 

そんな鈴木誠也選手の凄さを支えているのが身体能力の高さです。

その中でまず注目したいのが、身長と体重。

 

鈴木誠也選手の身長は181cm

そして体重は98kgです。

 

意外と重いんですよね。

 

長く日本のプロ野球で活躍している選手の中で

98kgを超える選手はかなり少なく、なんと一桁台です。

 

ついでにプロ野球選手の平均体重は84kg

 

体重は野球において

かなり有利に働く要素です。

 

体重が増えると俊敏さはなくなるわけですが

鈴木誠也選手から、その俊敏さを…めちゃくちゃ感じますよね。

 

50mを5秒8で走り抜けますしね。

 

このタイムからも

身体能力の凄さがわかります。

 

さらに遠投では115m飛ばすのだとか。

身体能力が半端じゃありません。

スポンサーリンク

鈴木誠也が打ちまくる凄さとその秘訣

鈴木誠也選手の凄さを語るのであれば

打撃力を語らず、何を語りましょう。

 

やはり6年連続

25本塁打以上の打撃力の凄さには、秘訣があります。

 

それが「打てないコース・球種がない」ということです。

 

いや、これは無敵だろ…

どんな選手でも、どこかしら苦手なコースがあるものです。

 

超最盛期の内川聖一選手みたいな状態ですね。

 

しかも、苦手なコースがない上に

あれほどのパワーがあるわけですから、そりゃパカスカ打ちまくります。

 

鈴木誠也選手の打撃力の凄さを支えるのが

「ボールを見極める力」です。

 

とくに外角のストライクからボールになるの見極めがよく

このボールというのは、ピッチャーが三振を狙いにいくときに投げ込むコースです。

 

これを見極められると

もう勝負球は、フォークやSFFの真っすぐに落ちる系の変化球しかありません。

 

が、しかし!

鈴木誠也選手はこの手の変化球も見極めます。

 

いや、もうその凄さに死角なしです。

 

ついでにプロ入団直後は

内角高めのボールを苦手としていました。

 

プロ入り後の猛練習により

インコースをしなやかにさばくバッティングを手に入れ、死角はなくなります。

 

鈴木誠也選手は右手の押し込む力が強いため

飛距離が最も出やすい内角高めをさばけるようになると、そりゃ飛んでいきますよね…

スポンサーリンク

鈴木誠也の適応力の凄さは、ポジションにもあらわれる

鈴木誠也選手は

高校時代に投手を務めていました。

 

そうです。元投手なのです。

 

まあピッチャーをしていて

プロ入りするとき、ポジションを変更して野手になる選手はザラにいます。

 

しかし鈴木誠也選手の場合はもっと凄いです。

 

何せ鈴木誠也選手は

「内野手」としてプロ入りしましたからね。

 

ん…?

鈴木誠也選手のポジションはというと…

 

現在は外野手ですよね。

 

遠投115mの肩と50m5秒8の俊足をいかせる

遊撃手として活躍が期待され、プロ一年目から一軍出場を果たしました。

 

そもそも投手をしていた選手が

プロ一年目から野手に転向し、さらに一軍で出場することも凄いです。

 

ついでに一年目の自身の背番号51をつけた前田智徳選手

(鈴木誠也選手は最初51番、このとき前田選手が1番)の引退試合では、一番ライトでした。

 

あれ?

一年目から外野手で出場?

 

外野手って、結構慣れが必要なポジションで

打者によって打球がスライスしたり、フックしたりします。

 

このあたりすぐに対応できたのでしょう。

 

そのセンスの凄さも

鈴木誠也選手の特徴なのかもしれません。

 

正式にポジションを内野手から外野手としたのは

プロ入り三年目の2015年からです。

 

肩と足の両方を持っていることから

十分外野手としてやっていけるとの判断だったのでしょう。

 

その適応力に脱帽です。

 

というか、なぜ最初は

内野手として鈴木誠也選手を獲得したのか、その理由は謎のままです。

スポンサーリンク

鈴木誠也の凄さを、徹底的に考察してみた結果がこれ!:まとめ

鈴木誠也選手の凄さは、身体能力に現れています。体重は98kgとかなり重めなのに、50m5秒8が、鈴木誠也選手の成績を支えています。
鈴木誠也選手の凄さを語る上で、打撃力は必須です。苦手なコースがない、ボールを見極められるという死角のない打者に、投手もタジタジです。
鈴木誠也選手は高校時代は投手、プロ入りするときは内野手、そして一軍には外野手として出場しています。ポジションへの適応能力の凄さが半端ではありません。

以上の内容でお送りしました。

 

鈴木誠也選手って調べれば調べるほどに、隙がありません。

打撃力・守備力・走塁力、そしてポジションへの適応能力の凄さを語ろうと思えば、まだまだありそうですね。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました