村上宗隆のドラフト会議について、当時の状況を詳しく振り返ってみた。

村上宗隆
スポンサーリンク

この記事では村上宗隆選手のドラフト会議に見る、世代の出世頭や会議の法則について迫っています。

 

村上宗隆選手というと

超スーパープレイヤーであり、当然ドラフト会議も1位指名された選手です。

 

ただし、村上宗隆選手の1位は

ただの1位ではありません。

 

普通の1位でないならば…?

これを辿っていくと、ドラフト会議にまつわるある法則にたどり着きました。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

村上宗隆はドラフト会議では外れ1位だった…

 

この投稿をInstagramで見る

 

hico(ひこ)(@hico33hico)がシェアした投稿

「東京ヤクルト…村上宗隆。捕手。九州学院」

2017年ドラフト会議で、ヤクルトに1位指名された選手が村上宗隆選手です。

 

今やヤクルトを支える主軸であり

現在ホームラン王争いをするほど、スーパープレイヤーであることが分かっています。

 

これほどまでに素晴らしい選手なら

ドラフト会議で1位指名されるのは、当然と言えば当然ですよね。

 

…しかし

当然ではなかったのです。

 

実は1位指名といっても

村上宗隆選手はヤクルトの「外れ1位」

 

外れ1位とは、ドラフト会議において

一巡目の「本当の1位」に選んだ選手に対する交渉権を獲得できなかった、ということです。

 

あの村上宗隆選手が

ドラフト会議で1位指名ではない、ということは、それ以上の選手がいたということ。

 

はい。「当時は」そうでした。

 

村上宗隆選手を押しのけて

各球団の1位指名を受けていた選手が…

 

  • 清宮幸太郎選手(ロッテ・ヤクルト・日ハム・巨人・楽天・阪神・ソフトバンク)
  • 中村奨成選手(中日・広島)
  • 田嶋大樹選手(オリックス・西武)
  • 東克樹選手(DeNA)

このような指名でした。

おそらくDeNAは一本釣りを狙ったのでしょう。

 

何より清宮幸太郎選手に指名が集まっていることが

「現在」では驚かれますよね。

 

あれだけメディアを騒がせていましたしね。

 

中村奨成選手も

甲子園の記録を塗り替える本塁打数で、当時の甲子園を盛り上げていました。

 

一方村上宗隆選手は

甲子園に出場していないので、逆に外れながらも1位であることがすごいです。

 

清宮幸太郎選手を外した

巨人と楽天も、村上宗隆選手を指名していましたしね。

 

やはり、実力は甲子園に出場していなくとも

ピカイチであることは、各球団が分かっていたわけですね。

スポンサーリンク

村上宗隆が選ばれたドラフト会議での出世頭は?

さて、ここで考えたいのが

2017年のドラフト会議で選出された選手のなかの、出世頭は誰なのかということです。

 

もう結論は出ていますがね…

 

当然村上宗隆選手です。

ホームラン王争いをしている時点で、ほぼほぼ間違いないですよね。

 

清宮幸太郎選手や中村奨成選手は

入団直後はかなり注目されていましたが、現在のところ大騒ぎするほどの結果は残していません。

 

逆に言うと

今後大きく取り上げられる可能性は十分ありますがね。

 

そんなこともあり

巷では「村上世代」なんて言葉もささやかれているようです。

 

つまりこの世代の代表選手が

村上宗隆選手である、ということ。

 

中村奨成選手は

2021年になって、プロ初安打や初本塁打を打っています。

 

また、村上宗隆選手と同じドラフト会議の外れ1位だった

安田尚憲選手もそこそこの活躍ですし、絶賛成長中です。

 

同様にDeNAが一本釣りした東選手

中日の鈴木選手も、チームの柱になりつつあります。

 

ん…?

そうしてみると、出世頭は外れ1位が多いような…

スポンサーリンク

村上宗隆のドラフト会議に学ぶ。外れ1位の法則

 

この投稿をInstagramで見る

 

@gururinpan05がシェアした投稿

ドラフト会議で1位に指名される。

それは名誉なことであり、その世代では「最も球団が求める有力選手」である証拠です。

 

しかしそれは

「安定した活躍」を意味するものではありません。

 

それは村上宗隆選手の年のドラフト会議だけでなく

いろいろな世代で外れ1位、または外れ外れ1位が活躍していることからも分かります。

 

ヤクルトで言うと

それこそ山田哲人選手は、外れ外れ1位です。

 

この年のドラフト会議は

「大石達也選手」「斎藤佑樹選手」の名前が1位に並んでいます。

 

さらに次の外れ1位でも

伊志嶺選手や塩見選手の名前が並び、山田哲人選手が指名されたのは外れ外れでした。

 

しかし、この当時のドラフト会議で大活躍しているのは山田哲人選手です。

(ホークスの柳田選手もいますが、外れではなく二巡目指名)

 

このドラフト会議での「外れ」で指名され

そののち大活躍した選手には、他にこのような選手がいます。

  • 佐々木浩二選手
  • 荒木雅博選手
  • 坂本勇人選手
  • 後藤駿太選手
  • 吉川尚輝選手

こうしてみると、外れ1位といっても

村上宗隆選手以外にも、かなり実力派ぞろいの選手が並びますよね。

 

そもそもなぜ外れになるのかというと

複数の球団が争うほど、大注目選手がいるから。

 

村上宗隆選手の世代のドラフト会議は

清宮幸太郎選手が大注目でしたもんね。

 

もちろん大注目選手に票が集まると

当然「外れ」の球団が多くなります。

 

ドラフト会議で出た「1位指名」よりも

意外と「外れ1位」の選手の方が期待できるかもしれませんね。

 

そんな視点を持ってドラフト会議を見ると

また別の面白さが出てきそうです。

スポンサーリンク

村上宗隆のドラフト会議について、当時の状況を詳しく振り返ってみた。:まとめ

村上宗隆選手の世代のドラフト会議は、清宮幸太郎選手中村奨成選手が大注目だったため、村上宗隆選手は外れ1位指名でした。
村上宗隆選手が指名された代のドラフト会議で、最も出世頭となっているのは「村上宗隆選手」であることは間違いないでしょう。
村上宗隆選手と同様に、ドラフト会議の「外れ」「外れ外れ」には、実力派の選手が多数そろっています。

以上の内容でお送りしました。

 

やはりドラフト会議ってドラマですよね。

村上宗隆選手をはじめとして、数々の「外れ1位」選手が活躍しています。

もちろん2位や3位でも活躍する選手は多くいます。その時の順位だけで喜ぶのは、まだ早いというわけですね。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました