村上宗隆が激怒したって!?一体何が起こったのか調べてみたところ…。

村上宗隆
スポンサーリンク

この記事では、ヤクルト対阪神戦で村上宗隆選手が激怒した事件について詳しく紹介しています。

 

スポーツは正々堂々と

村上宗隆選手はその信条があるから激怒したのかもしれません。

 

確かにあの動きを見ていると

やってない、とは言うものの「本当に?」と疑いたくなります。

 

温厚そうな村上宗隆選手が

激怒するほどまでに訴えたこととは?

 

これについて賭博で野球界を追放されたあの元選手も、コメントしているようです。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

村上宗隆が阪神に激怒した事件とは

「あーやって動いたらあかんすよ!!」

 

7月6日の神宮球場、阪神対ヤクルトの一戦。

阪神4点リードの5回二死一塁(二塁ランナー近本選手)。

 

大声を出したのは

ヤクルトのサードを守る村上宗隆選手でした。

 

血走った目で阪神のベンチに向かって歩く様子は

ただならぬ雰囲気であることをありありと伝えています。

 

パッと見が非常に柔らかい顔をしている村上宗隆選手なので

その激怒っぷりに、一瞬村上宗隆選手かどうかなのかも疑うレベルです。

 

何があったのかざっくり説明すると

二塁ランナーの近本選手に対するサイン盗み疑惑がおきたのです。

 

バッターは阪神期待の新人、佐藤輝明選手。

二塁ランナーの近本選手は、リード時になぜか左手を垂直に上げ、左手を上下に動かしています。

 

このときキャッチャーは佐藤輝明選手の

インコース高めを要求しており、近本選手がそれを教えていた、というのです。

 

村上宗隆選手は

近本選手のその行動をグローブで指さしながら、審判に伝えています。

 

また、ヤクルトベンチも

それについて声をあげていると、阪神ベンチの矢野監督と井上ヘッドコーチが食いつきます。

 

「ごちゃごちゃ言うな」「絶対やってへんわ!あほ!ぼけ!」という矢野監督と井上ヘッド。

これに対してヤクルト高津監督も「じゃあ動くなや!」と対抗。

 

その流れで、村上宗隆選手も激怒しながら

「あーやって動いたらあかんすよ!!」とベンチに吼え

阪神の藤本三塁コーチに「阪神動かないでくださいよ!」と詰め寄りました。

スポンサーリンク

村上宗隆が激怒するほどのプレーの真相は

村上宗隆選手が近本選手の動きをアピールし

最終的には、ヤクルト・阪神が激怒するほどに至ったこの事件の真相は何なのでしょうか。

 

結局は近本選手の動きが

「サイン盗み(コース教え)」であったかどうかです。

 

阪神:「いつもやる動き。悪意はない」

ヤクルト:「わかっているけど、怪しいから指摘した」

 

とのことでした。結局この騒動は

球審が両監督を呼び、矢野監督に対して「紛らわしい動きはやめろ」と注意して終わりました。

 

結局阪神サイドが認めていないので

近本選手の行為がサイン盗みには当たらない、で終わっています。

 

しかし村上宗隆選手や高津監督がこれほどまでに激怒して訴えたこの行為。

本当に「いつもの動き」なのでしょうか。

 

ネットの情報やコメントを見てみるとこのような反応ばかりでした。

 

  • 「正々堂々勝負してください」
  • 「あの近本がやったのはコースを佐藤輝明に教えている行為になるよ‼️」
  • 「矢野監督近本が何したのか見てなかったのにブチギレたらしくて草」

 

とこのように、ネットのコメントなどを見ていても

「阪神はやっていない」とする声はほとんどありません。

 

つまり村上宗隆選手を擁護する声が

大多数というわけですね。

 

しかもこれだけでなく、若い村上宗隆選手が

激怒しながら一人で阪神ベンチに物言う姿に「かっこいい」とする声も多くありました。

 

どんなに立場があって、上下があるとしても

不正に対しては強く立ち向かう村上宗隆選手に、称賛の声が送られています。

 

しかも口悪く言う矢野監督や井上ヘッドコーチに対して

村上宗隆選手は怒りながらも、きちんと敬語を使っていました。

 

激怒しつつもきちんと立場をわきまえているあたり

「村上宗隆選手は大人だな」と阪神ベンチとの対比が見られます。

スポンサーリンク

村上宗隆が激怒した事件をあのYouTuberが激白していた!

スマートフォンが当たり前にある現在。

選手の動きを追っているカメラは、テレビ局のカメラだけではありません。

 

この事件について、YouTube等にも

多くの動画が出回っています。

 

と、「村上宗隆 激怒」と検索をしてみると

意外にも「元プロ野球選手」で、「賭博で追放された」あの選手もこの事件を扱っていました。

 

元巨人の笠原選手です。

現在はYouTubeデビューし、野球選手の目線で野球のあれこれを解説しているそうです。

 

笠原元選手は、村上宗隆選手が激怒したあの事件を

「野球をずっとやってきた人間からすると、あの動きはありえない」と一刀両断しました。

 

つまり、近本選手は

わざと佐藤輝明選手にコースを教えるためにやっている、ということですね。

 

さらに

「やったやってないは結果的には分からないですけど、僕の意見は100%あれはやってます」。

 

と付け加えています。

いやはや、ここまでズバッと言うのは、さすがというか何というか。笑

 

しかも笠原元選手によると

例えばヘルメットの耳を触る位置でコースを教えることは「よくあること」と語っています。

 

そういえばテレビ中継などでも

二塁ランナーがヘルメットを触る仕草をしているのを見たことあるような…

 

それが真実だとは思いたくないですが

もし真実であれば、村上宗隆選手のように、野球ファンが激怒するのも必須でしょう。

 

やはり公正な勝負であってほしいと思います。

 

はっきり言って真相は闇の中ですが

クリーンな試合になるよう、一つのきっかけになれば良いと思いますね。

スポンサーリンク

村上宗隆が激怒したって!?一体何が起こったのか調べてみたところ…。:まとめ

村上宗隆選手が激怒したのは、神宮球場で行われた阪神戦でした。近本選手のサイン盗みを指摘し、阪神ベンチと口論になったようです。
村上宗隆選手が激怒したとはいえ、結局阪神が否定したため、事件はうやむやになりました。また、村上宗隆選手が一人で阪神ベンチに詰め寄る姿が「かっこいい」と称賛されています。
村上宗隆選手激怒事件について、元巨人の笠原選手が「僕の意見は100%あれはやってます」と語りました。さすがに歯に衣着せぬ物言いです。

以上の内容でお送りしました。

 

個人的にも動画を確認したところ、村上宗隆選手やヤクルトベンチが激怒する意味が分かります。

野球のリードをする上で、あのような不自然な動きは基本的にありません。

ただ、阪神が否定するのであれば、これ以上確認しようがありません。

再発防止は「紛らわしい動きをするな」。ここが終着点かな、とも思います。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました