アレックスラミレスの成績を見てみると、彼の偉大さが身に染みて分かってしまった。

アレックスラミレス
スポンサーリンク

この記事では、アレックスラミレス選手の成績を独自の視点で解説しています。

 

アレックスラミレス選手の成績を見てみると

やはり長く日本でプロ野球選手を続けたきただけの成績となっています。

 

みなさんはアレックスラミレス選手の成績となると

どの項目が一番良い成績を残していると思いますか?

 

これを調べてみると

アレックスラミレス選手の知らなかった一面を見ることができます。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

アレックスラミレスの成績に「…え?まじで?」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@baseball_ttgがシェアした投稿


「ラミちゃん」の愛称で知られるアレックスラミレス選手。

長く日本のプロ野球界の発展に寄与した外国人選手です。

 

現役引退後もベイスターズの監督として

2020年までチームをけん引し続けました。

 

アレックスラミレス選手自身

日本の野球が大好きで、ここまでやってきたのですが、その成績を見ると驚きの事実が分かります。

 

そもそもアレックスラミレス選手は

日本プロ野球入団前に4年間メジャーでプレーしています。

 

しかし、思うような結果が出せない中

ヤクルトにスカウトされ日本プロ野球入り。

 

以後13年間の現役生活を送る中で

打撃の成績は素晴らしいものを残しました。

 

右打ちの外国人選手として初めての2000本安打達成

 

よく成績を見る時に

シーズンの本塁打数や安打数、打率の成績を気にすることがあります。

 

もちろんそれらもすごい成績であることには変わりありませんが

紹介したような「長いプロ生活がないと達成できない成績」の方が、実際は価値が重いでしょう。

 

何より長く活躍して

良い成績を修めてきたことの証ですからね。

 

もともとアレックスラミレス選手は典型的なプルヒッターでした。

しかし、日本の野球を学ぶうち、引き付けて右側に流す打ち方を学びます。

 

こういった柔軟なバッティングができるようになったことが

外国人選手として2000本安打を達成できる要因になったわけですね。

 

しかし!

 

アレックスラミレス選手といえば

やはり「ホームランバッター」のイメージはあります。

 

では、続いて本塁打を中心として

シーズン別に見たときに、特筆すべき成績を見てみましょう。

スポンサーリンク

アレックスラミレスの打撃成績がホームラン級にすごかった

やはりアレックスラミレス選手は打ってなんぼの選手でした。

ヤクルト時代・巨人時代・横浜時代を通算して打ってきた本塁打数はなんと380本。

 

日本プロ野球に所属していた年数が13年なので

1シーズン平均29本のホームランを打っていた成績になります。

 

そう考えると、かなりホームランを打っていたことが明確に分かりますね。

シーズン別に見ると、最もホームランを打ったのが2010年の49本塁打。

 

もちろんこの年は本塁打王に輝きます。

さらに驚くべきことは、これは日本プロ野球入団10年目に残した成績であるということ。

 

アレックスラミレス選手は

決して若さとパワーのある外国人であるために、活躍できたわけではないのです。

 

むしろアレックスラミレス選手は

来日当初の本塁打数は20本後半。

 

年齢を重ねるごとに

30本、40本越えが多くなります。

 

つまり日本のプロ野球で活躍するために努力したということですね。

先述したような、右打ちができるようになったこともその一つでしょう。

 

また、本塁打数が増えれば

もちろん打点数の成績も伸びてきます。

 

アレックスラミレス選手が

現役時代で叩き出した最高シーズン打点数が129打点。

 

これも2010年の本塁打王に輝いた年で

これを含む計4度の打点王は、やはりキャリア後半に獲得したものが多いです。

 

もちろん打率もキャリア後半に3割越えが増え

日本プロ野球9年目には、打率.322の成績で首位打者にもなっています。

 

やはりアレックスラミレス選手は

日本の野球が楽しいと思って、研究し、練習したからこそ好成績を残してこれた選手なのですね。

スポンサーリンク

アレックスラミレスが獲得してきた賞・タイトルの数と意外な成績

 

この投稿をInstagramで見る

 

@haruking.ft.bishがシェアした投稿


アレックスラミレス選手は

キャリア後半になるにつれ、どんどん成績を向上させました。

 

だからこそ冒頭説明したように

長いプロ生活がない限り獲得できない「右打ち外国人初のNPB2000本安打」を達成したのです。

 

では、他にどのような賞やタイトルを獲得したのでしょう。

それらを改めて見ると、アレックスラミレス選手がいかにすごい選手だったか分かります。

 

  • 首位打者1、本塁打王2、打点王4、最多安打3回
  • 最優秀選手2、ベストナイン4、月間MVP9、優秀JCB・MEP賞1
  • オールスターゲームMVP1、オールスターゲーム・ベストバッター賞1
  • セ・リーグクライマックスシリーズMVP1、日本シリーズ敢闘選手賞1

 

とこのように挙げようと思えば

きりがないほどタイトルや賞の数が挙がります。

 

本塁打や打点ももちろんすごいことですが

オールスターやクライマックスシリーズ、日本シリーズの短期決戦で活躍するところも見られます。

 

これは相当な集中力がないと取れないでしょう。

アレックスラミレス選手は、集中力があるバッターなのです。

 

そしてアレックスラミレス選手には

もう一つ、ある驚くべき成績がありました。

 

2000本安打を達成した選手は

プロ野球名球会入りの条件を取得することになります。

 

もちろんアレックスラミレス選手も

名球会入りするのですが、その名球会入りした選手の中では「唯一犠打を記録していない」のです。

 

ここでいう犠打とはバントの事。

そう言えばアレックスラミレス選手がバントするところは記憶にないですね。

 

記憶にないどころか

成績にも残っていないのです。

 

確かに監督としてアレックスラミレス選手を打席に入らせるなら

バントよりもよっぽどヒットの方が確率高そうですしね。

 

そんなこともあり、アレックスラミレス選手は犠打の成績が0となっています。

スポンサーリンク

アレックスラミレスの成績を見てみると、彼の偉大さが身に染みて分かってしまった。:まとめ

アレックスラミレス選手は、右打ちの外国人NPB史上初の2000本安打を達成した選手です。長い期間日本のプロ野球の発展に寄与したことがよく分かる成績です。
アレックスラミレス選手は、本塁打王に2回輝く成績を修めており、シーズンで記録した最高の本塁打数は49本です。
アレックスラミレス選手は、賞やタイトルを数えきれないほど獲得しています。また、犠打0の成績で名球会入りしているのは、今のところアレックスラミレス選手だけです。

以上の内容でお送りしました。

 

アレックスラミレス選手は、日本人が好きな外国人プロ野球選手の中でも、ベスト3に入る選手だと個人的に思っています。

そのキャラクターもそうですが、やはり成績を見ても誰からも好かれるものを記録してきているな、と思いました。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました