小久保裕紀の成績を改めて見てみると凄すぎる…激動の現役時代を振り返ってみた。

元野球選手
スポンサーリンク

この記事では、小久保裕紀選手の本塁打数や長打率といった、バッティングに関わる成績が紹介されています。

 

小久保裕紀選手といえばホームランバッター。

これは言わずとしれた事実ですが、具体的にどれだけの成績を残したのでしょうか。

 

調べてみると

「驚愕」に値する成績を発見しました。

 

小久保裕紀選手はとにかく

投手にとって「嫌なバッター」であったようです。

 

…打ちすぎです。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

小久保裕紀は若い頃からとんでもない成績を叩き出していた

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hawks(@vhawks7)がシェアした投稿


元侍ジャパン監督小久保裕紀選手は

もちろん、現役時代も素晴らしい成績を修めたため、日本代表の監督にまで上り詰めたのです。

 

小久保裕紀選手といえば

ホークスの超真面目なキャプテンというイメージがあります。

 

プレーも堅実なものでしたが、とくにバッティングにおいては

コンパクトなバッティングフォームに相反するパワーが売りでした。

 

松中選手、小久保選手、井口選手、城島選手…

ダイエーの黄金時代を築いた一人に、小久保裕紀選手がいることは間違いありません。

 

さて、そんな小久保裕紀選手の成績をよく見ると、とんでもないことが分かりました。

 

本塁打王に輝くのがめちゃくちゃ早かったのです。

 

現代のプロ野球の一人の選手の

主流の野球人生は、入団から数年は身体づくりをすることですよね。

 

確かに主力でガンガン活躍する選手もいますが、それは少数派。

では、小久保裕紀選手はどうなのかというと。

 

プロ二年目にして

本塁打数28本の成績で、本塁打王に輝いているのです。

 

プロ二年目って…

早すぎだろ…

 

しかも一年目はどうだったのかというと

実は本人にとっては不本意のシーズン6本塁打の成績。

 

小久保裕紀選手にとって、一年目の成績は良いものではありませんでした。

しかしそれが二年目は一変。一気に本塁打王に上り詰める成績を叩き出したのです。

 

人ってわからないものですね。

一年目の成績が良くなかったからと言って、二年目が同じとは限りません。

 

なにせ6本塁打が28本塁打になるのですから。

私たちが応援している「今年は成績が振るわなかった選手」も、来年は化けるかもしれませんね。

スポンサーリンク

小久保裕紀の本塁打の成績はまだまだ伸びる

小久保裕紀選手の

二年目の本塁打数は28本の成績でした。

 

しかし、よくよく考えてみると

28本塁打って、イメージとしてはそう多い方ではないですよね。

 

「この年は全体的に打てなかったから本塁打王になれたんじゃないの?」

という声も聞こえてきそうです。

 

確かに、小久保裕紀選手が本塁打王の成績に輝いたのは

この二年目だけです。

 

では、小久保裕紀選手は

本塁打をそんなに打っていないのかというと、そうでもないことが分かります。

 

プロ8年目のダイエー時代は44本。

プロ11年目の巨人時代は41本の本塁打を記録しています。

 

つまり本塁打王になったときの

1.5倍のホームランの成績を出したことがあるのです。

 

そう考えると、やはりパワーのある打者だったことがよく分かります。

また、この成績をよく見ると、プロ8年目と11年目の記録です。

 

つまり若手ではなく

中堅、もしくはチーム内の柱になるころにこの成績を出したということ。

 

よく活躍したOBの成績を見てみると

若い頃に記録を出していることがあります。

 

小久保裕紀選手の場合は、もちろんプロ2年目に本塁打王になりましたが

それ以後、努力を積み重ねて、40本塁打以上の記録を出しているということです。

 

さすが真面目一徹の小久保裕紀選手。

途中、右肩関節唇損傷の重傷を負いったこともありましたが、それを乗り越えてのこの成績。

 

さらに小久保裕紀選手は、プロ1年目と怪我をしたシーズン以外で

本塁打数が1桁だったのは、プロ最終年の本塁打数4しかありません。

 

本塁打王は1度しかありませんが

やはり、安定してホームランを打つ選手だったことが、成績から分かります。

スポンサーリンク

小久保裕紀の通算長打率の成績が恐ろしい…

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akito Takeno(@akitotakeno)がシェアした投稿


小久保裕紀選手の通算長打率を見ると恐ろしい事実が分かりました。

 

長打率とは

安打を打ったとき、どれくらいの確率で二塁打以上になるか、という数値の事。

 

小久保裕紀選手の通算長打率の成績は…

.496です。

 

つまりヒットを打つと

半分程度の確率で、二塁打以上ということです。

 

これよく考えるととんでもない成績ですよね。

 

しかも、シーズンではなく「通算」成績ということから考えると

小久保裕紀選手は完璧な長距離砲だということです。

 

ついでに最も高い長打率の成績を出したのが

巨人移籍1年目に叩き出した、長打率.641

 

しかもこの時打率も.314を打っているので

セ・リーグの投手にとっては、恐ろしい選手が同じリーグに入ってきたと感じたでしょうね。

 

10回勝負すると

3回以上ヒットを打たれる。

 

されにはそのうちの

2回程度長打を打たれる。

 

ピッチャーから考えると間違いなく嫌な打者。

「何でダイエーから巨人に来たんだ!」と悔しく思ったセ・リーグの投手もいたでしょうね。

 

それほどに驚くべき

小久保裕紀選手の長打率の成績になっています。

スポンサーリンク

小久保裕紀の成績を改めて見てみると凄すぎる…激動の現役時代を振り返ってみた。:まとめ

小久保裕紀選手は本塁打数28本の成績で、なんとプロ2年目に本塁打王に輝きました。驚きの早さでの本塁打王獲得です。
小久保裕紀選手はプロ8年目と11年目に、本塁打数40本以上の成績を出しています。若い頃の成績ではないことから、努力型の選手であることが分かります。
小久保裕紀選手の通算長打率は約5割もあり、恐ろしい成績を残しています。巨人移籍1年目は、長打率が6割を超えており、いやなバッターであったことに間違いありません。

以上の内容でお送りしました。

 

小久保裕紀選手の成績を振り返ってみて、長打率や本塁打数の多さが際立っていました。

また、意外と三塁打も打っているようで、足の速さまたは走塁技術が高く、反対方向(ライト方面)に飛ばす能力が高かったことも分かります。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました