千賀滉大の高校時代を調べたら、恩師が知られざるエピソードを秘めていたことが判明

千賀滉大
スポンサーリンク

この記事では、千賀滉大選手の高校時代の成長や、恩師二人の活躍を紹介しています。

 

千賀滉大選手の高校時代を見ると

とんでもない成長を遂げていることが分かります。

 

そんな千賀滉大選手を見抜き

現在の億超えプレイヤーにしたのは、高校時代の恩師の二人です。

 

恩師のおかげで

千賀滉大選手は活躍できていると言っても過言ではありません。

 

千賀滉大選手の育成サクセスストーリーの

キーパーソンとなったのは、意外な人物でした。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

千賀滉大の高校時代は育成サクセスストーリーの原点

現在育成ドラフトから

億プレイヤーまで成長し、さらに飛躍が期待される千賀滉大選手。

 

育成の星として輝く千賀滉大選手ですが

あの覇気をまとったピッチングの原点はどこなのでしょうか。

 

調査を進めると

千賀滉大選手の高校時代にその原点があるようです。

 

まず結論から言うと

千賀滉大選手は高校時代の3年間で大きく成長しました。

 

身体の部:身長176cm→183cm、体重55kg→76kg

ストレートの部:120km/h→144km/h

 

いや。でかくなりすぎでしょ。

ストレート速くなりましたね。

 

確かに高校入学時に最高速が120km/h

であることから考えると、投手としての力はまだあったのでしょう。

 

しかし、これだと

まだ「中学校上がりにしては、なかなかやる投手」レベルです。

 

高校に入学して以降

千賀滉大選手は努力に努力を重ねました。

 

まずは「食べること」。そして

「長距離走」「中間走」「ポール間走」は毎日かかさず行ったそうです。

 

うん。

ムリだね。普通の人には。

普通ではない意志があったからこそ、千賀滉大選手はこのしんどい練習を続けられたのでしょう。

 

中学校時代は成長痛に苦しめられ

満足に野球に取り組められなかったため、高校入学時の千賀滉大選手は無名選手です。

 

もちろん今でこそ千賀滉大選手の出身校として有名な蒲郡高校ですが

当時としては地方の無名校。

 

強豪私立などとは違う環境で

千賀滉大選手はただひたすらに野球に無心になって取り組んだそうです。

 

もちろん千賀滉大選手の高校時代の成長は

千賀滉大選手一人の力で成し遂げられたものではありません。

 

そこには「投手としての素質」を見抜き

「プロで億を超えるプレイヤーになるダイヤの原石」であることを見抜いた二人の恩師がいます。

スポンサーリンク

千賀滉大の高校時代の恩師一人目:高校の監督

千賀滉大選手の恩師の一人目は

高校時代の監督さんである「金子博志」さん(現:豊橋商監督)です。

 

先述したように

千賀滉大選手は中学校時代は、満足に野球ができませんでした。

 

だからこそ無名だったわけですが

そんな千賀滉大選手を「投手として起用」を考えたのが、金子博志さんでした。

 

金子博志さんは高校時代の千賀滉大選手の

どこを見て「これは投手だ」と思ったかというと、キャッチボールのボールのノビだそうです。

 

金子博志さんの表現で言えば

「ボールのノビが野手の球ではなかった」ということらしい。

 

実際に見てみないと分からないですが

「ボールが沈まない」だけでなく、まさしく「浮き上がる」ようなボールだったのでしょうか。

 

千賀滉大選手のボールを見て

金子博志さんは投手として起用することを決め、さっそく身体づくりから始めたそうです。

 

その中に鬼のような走り込みがあったのですね。

また、千賀滉大選手の親御さんには、食事をたくさん摂ることをお願いしました。

 

野球選手である以上

やはり身体を大きくすることは必須ですね。

 

また、これらの構想に

千賀滉大選手自身が、目標を持って取り組んだこと。

 

これが現在育成の星として輝く

原点となったのではないでしょうか。

 

ついでに身体は高校時代に大きくしましたが

性格については、入学時から投手として必要なものを持っていたのだとか。

 

投手として絶対必要な性格とは

  • 研究熱心であること
  • 負けん気が強いこと

この二つは最低必要でしょう。

 

千賀滉大選手の場合はそれが尋常ではなく

持って生まれた素質、それを磨く力が備わっていたからこそ成長できたと考えるべきですね。

 

さらにそれを見抜いた

高校時代の監督さんが、現在の億プレイヤーである千賀滉大選手を生んだと言えます。

スポンサーリンク

千賀滉大の高校時代の恩師二人目:スポーツ用品店店主

千賀滉大選手の高校時代の恩師二人目は

スポーツ用品店の店主である、西川正二さんです。

 

西川正二さんは、現在はすでに亡くなっていますが

間違いなく千賀滉大選手の素質を見抜き、プロにした恩師の一人。

 

何をしたのかというと

千賀滉大選手をプロのスカウトたちに「ダイヤの原石」として紹介したのです。

 

しかし千賀滉大選手は確かに素質はあったものの

チームとしての実績は大きくあったわけではありません。

 

強豪私立などになると、高校時代の3年間のどこかで

甲子園などで活躍できたかもしれませんが、そうではありませんでした。

 

千賀滉大選手は一度も

甲子園には出場していません。

 

また、2年秋から3年の春までは

故障のため公式戦に登板すらありませんでした。

 

3年の夏は3回戦で負け

普通に考えるとプロのスカウトの目には留まりにくい状況…

 

ですが

 

2回戦からプロのスカウト

千賀滉大選手を見に来ていたそうです。

 

それというのは

スポーツ用品店店主の西川正二さんが、声をかけていたから。

 

「ダイヤの原石がいる」

という宣伝文句を持って、です。

 

もしかするとプロのスカウトの目にも留まらなかった地方公立校の一人の高校球児を

億越えのプレイヤーになる架け橋をつないだのは西川正二さんなのでした。

 

結局千賀滉大選手を見た

ホークスの当時のスカウト小川一夫さんが、育成枠での獲得を決断しました。

 

西川正二さんが

高校時代の千賀滉大選手のどこに惚れたかというと「関節のやわらかさ」だそうです。

 

西川正二さんはそれを見て「億を超えるプレイヤーになる」と思ったとのこと。

この関節のやわらかさこそ、金子博志さんの言う「ボールのノビ」の大元なのでしょう。

 

地方の公立高校の投手を見て

「億を超える」とはなかなか言えないもの。

 

西川正二さんの眼力は

間違いのないものであった、ということですね。

スポンサーリンク

千賀滉大の高校時代を調べたら、恩師が知られざるエピソードを秘めていたことが判明:まとめ

千賀滉大選手は高校時代に、毎日の長距離走、中間走、ポール間走を重ね、身体を大きくしようとした結果、身長・体重・球速が大幅にアップしました。
千賀滉大選手の高校時代の恩師の一人目は、高校時代の監督の金子博志さんです。ピッチャーとしての素質を見抜いた人物です。
千賀滉大選手の高校時代の恩師の二人目は、スポーツ用品店店主西川正二さんです。億を超えるプレイヤーになるダイヤの原石であることを見抜いた人物です。

以上の内容でお送りしました。

 

千賀滉大選手の高校時代を見てみると、プロへの道も「活躍しまくる」の一本だけではないのだと思いました。

高校時代の恩師二人に恵まれた結果、千賀滉大選手は超一流になることができました。

そう考えると、プロにならずに「ダイヤの原石」のまま、廃れた選手もいるのでしょうね…

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました