甲斐拓也の高校時代を徹底調査!高校通算本塁打数がキャッチャー離れし過ぎだろ!

現役の野球選手
スポンサーリンク

この記事では、甲斐拓也選手の高校時代の選手像や高校通算本塁打数、スカウトの評価などを紹介しています。

 

甲斐拓也選手は

今や日本を代表するキャッチャーの一人です。

 

しかし、高校時代までさかのぼり

プロ入りするまでの過程を見てみると、なんとも数奇な運命がありました。

 

この運命の出来事がない限り

甲斐拓也選手はプロとして現在活躍していません。

 

人の運命を変えるのは、偶然と他人の力と、自分の力です。

プロ野球中継の配信をDAZN(ダゾーン)で実施中!

31日間の無料期間中でもスマホでゲームセットまで見放題です。

野球中継に没頭して、独り身ならではの『寂しい時間』を卒業しませんか?

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

甲斐拓也は高校時代どんな選手だったのか?

プロ野球選手ということは

アマチュア時代から素晴らしい能力を発揮しいていたから、プロに入れた選手です。

 

高校時代、大学時代、社会人時代…

おもにプロから指名されるのは、この三つの時代で、甲斐拓也選手は高校卒業後プロ入りします。

 

そもそも甲斐拓也選手は

プロ入りを志望していなかったそうです。

 

というのも、高校時代の自分の活躍では「到底プロでは無理」と思ってそうですが、

同校野球部監督の宮地弘明さんがそれを疑問に思っていました。

 

結局スカウトの目に触れたとき

スカウトは甲斐拓也選手に将来性を感じて、ホークスに育成プロ入りします。

 

では、そもそも

甲斐拓也選手は高校時代どんな選手だったのでしょうか。

 

中学時代はリトルシニアで野球をやっていた甲斐拓也選手。

ポジションは主にセカンドをやっていました。

 

腰が痛くなることが多く

キャッチャーをやる回数は少なかったそうです。

 

そして高校は楊志館高校へ入学し。

強肩を認められて、キャッチャーへと転身しました。

 

もともと甲斐拓也選手は

野球を始めるときから、キャッチャーを志望しており、念願が叶った瞬間とも言えますね。

 

そして高校時代で気になるのは

「甲子園に出場したの?」ということですよね。

 

甲斐拓也選手のお兄さんは実は甲子園出場を果たしています。

しかし甲斐拓也選手自身は、最後の夏の大会では明豊の今宮健太選手に抑えられ、出場できていません。

 

高校時代を通算しても

甲子園出場は果たせませんでした。

 

そう考えると意外と

甲子園出場を果たせていない選手って多いですよね。

 

甲斐拓也選手もその一人で

だからこそプロ入りはできないと思っていたのかもしれません。

スポンサーリンク

甲斐拓也の高校通算本塁打を見ると十分プロ入りできる数字だった

甲子園出場を果たせていなくても

プロ入りを果たす選手は多く、大抵そのような選手は個の力がずば抜けています。

 

育成枠プロ入りとしても

やはり野球の能力が優れていないと、育成枠入りさえできません。

 

甲斐拓也選手の将来性を評価されたことは先述しましたが

他に高校時代はどのような能力がずば抜けていたのでしょうか。

 

実は高校時代の甲斐拓也選手は

「打力」も捕手とは思えない成績を残しています。

 

とくにそれを象徴するのが

甲斐拓也選手の通算本塁打数です。

 

甲斐拓也選手は

高校時代かなりの強打者でした。

 

積み上げた通算本塁打数は…

 

なんと40本

 

高校野球を経験している人なら

この40本という通算本塁打が、どれだけすごいことかよく分かるはずです。

 

もしもそれでも

「え~?そんなにすごい数字じゃないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

 

確かに高校通算本塁打数

111本を放った清宮幸太郎選手に比べると、そう高い数字ではありません。

 

というかこれは

111本打った清宮幸太郎選手が異常とも言うべきです。

 

高校通算本塁打40本を放った

甲斐拓也選手以外のプロ野球選手は、福留孝介選手がいます。

 

高校時代の打力が

福留選手と言えば、かなり高い打力だったことが分かりますよね。

 

大阪桐蔭の黄金時代を支えた

根尾選手は通算本塁打数が、32本。

 

甲斐拓也選手はそれ以上の

本塁打を放っていることがよく分かります。

 

とすると、やはり甲斐拓也選手は

強肩・強打の高校生キャッチャーだったということです。

スポンサーリンク

甲斐拓也の高校時代を見たスカウトの評価は高いものではなかった…

甲斐拓也選手自身を

高校卒業でプロ入りできる逸材とは思っていませんでした。

 

なんなら、ぎりぎりまで

大学進学か就職かを迷っていたそうです。

 

そこで高校時代の恩師であり監督の

宮地弘明さんが、甲斐拓也選手をスカウトに紹介したということですね。

 

しかしスカウトとしても

その選手が将来活躍してくれる選手でないと、やすやすとプロ入りを認めるわけにいきません。

 

実際に甲斐拓也選手を見たときも

そう高い評価ではなかったそうです。

 

  • 地肩が強いわけではなく、キャッチングからスローイングが速い
  • 身長は小さい
  • 打ち方が木製バットには向いてない

実は甲斐拓也選手を見た

福山龍太郎スカウトはこのように感じていたそうです。

 

高校通算40本を打っていても

打ち方一つで評価は変わるわけですね…

 

しかし「それでも人生変えてみろ」

とのことで、育成枠を準備しました。

 

そして甲斐拓也選手の高校時代に重なった幸運がもう一つ。

 

甲斐拓也選手が高校を卒業する年

ちょうど次の年度から、ホークスは3軍制度を設けようと考えていたのです。

 

選手を育てることで有名なホークス。

甲斐拓也選手はその代表格であり、千賀投手も有名です。

 

それを支えるのが3軍制度の創設で

この制度ができるから、甲斐拓也選手を育ててみよう、となったわけですね。

 

もしもその制度がなければ

スカウトがどう判断していたかは、恐ろしいものがあります。

 

もちろん甲斐拓也選手に

自身の力を伸ばせる何かがあることを判断したのでしょう。

 

その結果が現在の活躍です。

本当に運命というのは、どこでどうなるのか分からないものですね。

 

甲斐拓也選手の場合

高校時代から育成時代にかけて、自分の手で運命を変えてきたという感じでしょう。

 

自らの運命を変えられる甲斐拓也選手。

今後、どんな逆境に立っても、負けない強さを持った選手と言えそうです。

スポンサーリンク

甲斐拓也の高校時代を徹底調査!高校通算本塁打数がキャッチャー離れし過ぎだろ!:まとめ

甲斐拓也選手は高校時代に甲子園出場を果たせたわけでもなく、力もないし、自分をプロで活躍できる選手ではないと思っていたそうです。
そうは言っても、甲斐拓也選手は高校通算40本塁打を放っており、高校生としても軒並み外れた力を証明しています。
甲斐拓也選手を見たスカウトは、プロで活躍するにはどうか、と考えていましたが、幸運にもホークスが3軍制度を導入する年であるため、その制度で育てようとなりました。

以上の内容でお送りしました。

 

運命とは、本当に不思議なものだと思います。

甲斐拓也選手の考えとは違い、プロに通用するものがあると考えた高校時代の監督さん。

そして、スカウトの判断。これらがないと、甲斐拓也選手は今頃プロ野球選手として活躍していないということです。

もちろん将来性を実現した、甲斐拓也選手の努力も素晴らしいものがあります。

【無料で31日間お試し】孤独な時間に別れを告げるチャンス!

動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』では、野球中継を始球式からヒーローインタビューまでを『スマホ片手』『無料で』見ることができます。

これさえあれば、野球中継を見れない寂しい時間にサヨナラできます♪

他の情報に邪魔されることなく、好きなだけ野球中継に没頭できるんです!

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

 

DAZNのおすすめポイントは3つ!

・一ヶ月間も『無料』で11球団の試合が見れる!
・スマホで観れるから、帰宅中でも野球観戦できる!
・CM無し!始球式からゲームセットまで完全生中継!
月額料金は通常 1750円ですが、DAZNなら無料お試し期間が一ヶ月間もあり、期間中は無料で野球観戦を楽しめます!

しかも、登録に必要な時間は3分もあれば十分。

BSやCSに契約するよりも、圧倒的に早い&安く使えます!

一ヶ月『無料で』利用できますので、試合を始球式からヒーローインタビューまで見たい方!この機会にお早めにどうぞ!

スマホを片手に、野球まみれの時間を楽しみましょう♪

→DAZNで寂しい時間から解放されてみる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました