この記事では、仰木彬さんの本についてお伝えしています。

仰木彬さんの書いた本は、全部で4冊。

その中でも高い評価を得ている2冊に注目して見てみましょう。

野球犬

ぜひ最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

勝てるには理由(わけ)がある。


本書の内容は、主に仰木彬さんがオリックスの監督を務めていた時のものです。

オリックス時代の仰木彬監督と言えば、やはりイチローさんを連想する人が多いと思います。

イチローさんの存在が大きすぎるためか、当時のオリックスというチーム自体に注目が集まることはあまり無いような・・・。

オリックスファンとしては複雑だと思います(;゜0゜)

 

確かにスーパースター・イチローを擁するチームだった訳ですが、戦力そのものは『常勝軍団』とは決して言えないものでした。

その象徴とも言えたのが『日替わりオーダー』。

強いチームのオーダーって、ある程度固定されているものです。

ですが当時のオリックスといえば、固定されているのはイチローさんと田口壮さん、あとはニール(懐かしい!)くらいだったと思います。

昨日クリーンアップを打っていた選手が、今日は普通にベンチに座っていり、その逆もありました。

つまりは、選手の調子や対戦相手との相性等を考慮し、戦力をやりくりしていたんですね。

 

元々Bクラスのチームだったオリックスを、如何にして優勝するまでのチームに育て上げたか?

決して十分とは言えないチーム力の中で、どのように勝ちにもっていくのか?

本書をお読みいただくことで、名将・仰木彬の思考が見えてきます。

そんな仰木彬さんの思考法は、野球のみならずビジネスに置き換えても参考になるでしょう。

『プロ野球チーム』を『会社(部署)』と置き換え、「仰木彬さんだったらどうするか?」という視点で見ることができれば・・・。

ビジネスも上手くいきそうな気がしませんか?

スポンサーリンク

人を見つけ人を伸ばす―個性を発掘する人材活用


本書を読み終えて一番の感想、それは『読みやすかった!』ということ。

といいますのも、二宮清純さんとの対話形式で書かれてあるからです。

読んでても疲れませんし、内容も頭に入ってきやすかったですね。

対話形式であることから、仰木彬さんの性格等がにじみでていたと感じました。

 

個性を発掘する…というタイトルの通り、仰木彬さんの代表的(そして個性的)な教え子である、イチローさんと野茂英雄さんにまつわる秘話が飛び出してきます。

超が付くほどの個性派である彼らを、いかにしてスーパースターへと導いたか?

野球ファンであれば誰もが興味を抱くところですよね。

また、私個人的に一番印象に残ったのは、仰木彬さんのコミュニケーション方法です。

選手を観察するときは、あえて無関心であるかのような態度をしていたそうです。

なぜ?とお思いかもしれませんが、本書をお読みいただければ納得いただける筈。

コミュニケーションにおいても、『仰木マジック』を発動していたようです(*´ω`*)

スポンサーリンク

仰木彬の本は素晴らしい…是非読んでみて下さい:まとめ

仰木彬さん著の本を2冊、ご紹介致しました。

本の中でも随所に『仰木マジック』を垣間見ることができるものでした。

やはり名将の頭の中は、常人とはかけ離れているなー、と思います。

是非一度、手に取って見てください(*´▽`*)

 

野球犬

最後までお読み頂き、有難うございました!

下記の【あわせて読みたい記事】に関連記事があります。

ぜひ読んでみて下さい!

スポンサーリンク