長年プロ野球の監督を務めた名将・仰木彬さん。

ドラフト会議にもかなりの回数されています。

その中でも印象に残っているシーンを私の独断と偏見でお伝え致します。

スポンサーリンク

仰木彬&ドラフト

名将・仰木彬さんは、通算14年の近鉄とオリックスの監督としてドラフト会議に14回も参加しており数々の名選手を指名してきましたのでご紹介します。

 

先ずは近鉄監督時代から見ていきましょう!

1988年のドラフト会議では、近鉄の守護神と言えば赤堀元之さんですが仰木彬さんは4位指名し入団にこぎつけました。

最優秀救援投手賞をプロ野球タイ記録となる5度獲得する活躍をしました。

 

1989年のドラフト会議では、当時最多の8球団競合の末に最後にくじを引いた仰木彬さんが当たりくじを引き当て、「近鉄・野茂英雄」が誕生しました。

活躍に関しては後述にて記載しますのでご覧ください。

 

翌年1990年のドラフト会議では、小池秀郎さんは8球団競合の末にロッテを入団拒否し2年後のドラフトで近鉄に1位指名され入団しました。

 

次にオリックス監督時代を見ていきましょう!

1996年のドラフト会議では、後にシーズン最多二塁打記録を樹立する谷佳知さんを指名しました。

仰木彬さんが見出したイチローさん・田口壮さんとの鉄壁の外野陣は当時の12球団随一でした。

 

1997年のドラフト会議では、当時西のドクターKと呼ばれエース兼4番として春の選抜はベスト8・夏は準優勝に導いた川口知哉さんを4球団競合の末に当たりくじを引き当て希望通りのオリックスへ入団しました。

 

1998年のドラフト会議では、後にシーズン最多暴投記録を樹立した新垣渚さんを指名しますが、「ホークス以外は進学」と決めており入団拒否されます。

 

1999年のドラフト会議では、2002年に当時日本人最高タイ記録の158㎞を記録する山口和男さんを仰木彬さんは1位指名します。

スピードはあるが制球難で故障もあり3年のみの活躍に留まりました。

 

2000年のドラフト会議では、内海哲也さんは祖父が巨人の野手だったこともあり巨人以外は拒否するとドラフト直前に表明していたが仰木彬さんは1位で強硬指名します。

仰木彬さんが直電話そ入団に傾きかけたが社会人へと進み、後に巨人へ入団し最多勝・最多奪三振を獲得する活躍をします。

 

スポンサーリンク

一番の名シーンと言えば!

1988年のソウルオリンピックで銀メダル獲得に貢献し、名実共にアマチュアNo.1投手となり注目される中での1989年に行われたドラフト会議。

仰木彬さんは1位指名で野茂英雄さんを指名しますが、阪神タイガース・ロッテオリオンズ・ヤクルトスワローズ・横浜大洋ホエールズ・福岡ダイエーホークス・日本ハムファイターズ・オリックス・近鉄バファローズと史上最多の8球団から指名を受けました。

「残り物には福がある」とはいいますが、最後にくじを引いた仰木彬さんが当たりくじを引き当てることになります。

関西を本拠地としていたチームなので、仰木彬さんの「ヨッシャー」という声が聞こえてきそうな感じですね。

推定契約金は史上初の1億円台となり、契約時に投球フォームを変更しないという条件が盛り込まれていました。

 

スポンサーリンク

その後の活躍がエグい

 

1990年4月10日に初登板するも勝敗は付かず、4月29日に当時日本タイ記録の17奪三振を記録し初勝利をあげました。

同年は新人にも関わらず、最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率と投手4冠を独占に加え、新人王・沢村賞・ベストナイン・MVPにも輝く大活躍をしました。

新人王とMVPのダブル受賞は複数いるが、沢村賞も含めたトリプル受賞は野茂英雄のみです。

1990年~1993年にかけ、史上初の新人年から4年連続最多勝と最多奪三振の同寺獲得を達成しています。

その他にも、投球回数や与四球等も4年連続リーグ最多を記録しており「トルネード投法」と呼ばれる独特なフォームから繰り出されるフォークなどで三振を量産し「ドクターK」の異名に違わぬ圧巻の活躍を見せました。

球団との確執があり、1995年にメジャーリーグのドジャースにマイナー契約として入団します。

アメリカに渡っても、数々の記録を樹立し12年もの輝かしい活躍を見せます。

両リーグでのノーヒットノーラン達成(世紀を跨いでの達成は史上初)や新人年のオールスターゲームで先発投手を務め2イニングを無失点に抑えます。

また、両リーグでの最多奪三振のタイトル獲得をしました。

アメリカでも野茂といえば奪三振と言われるほどに、メジャー史上3人目の新人から2年連続の200奪三振達成や数々の奪三振に関する記録を打ち立てています。

123勝中81勝をドジャース在籍時に勝ち星を挙げており、NPB・MLB通算で名球会入会資格条件の200勝を2005年に達成しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

仰木彬さんは「仰木マジック」と言われる采配で、選手の突出した能力を伸ばすという選手育成を心掛けたそうです。

そんな仰木彬さんの采配が生んだ傑作の一人が野茂英雄さんであり、ドラフトで指名することは無かったイチローさんも振り子打法という独特のフォームで大活躍を果たします。

両者ともに、NPB・MLBに輝かしい足跡を残しており、個性を尊重する仰木彬さんで無ければ数々のタイトルを獲得するなんて出来なかったでしょう。

仰木彬さんを慕う選手は数多くいますし、型にはめなければ活躍した選手も多々いたかもしれません。

仰木彬さんに出会った選手は貴重な時間を過ごしたのではないでしょうか。

今後、仰木彬さんの遺志を受け継ぎ監督が現れ、野茂英雄さんやイチローさんのような独特な感性を持った選手の出現を期待したいですね。

スポンサーリンク